« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月 9日 (金)

野村先生のコラムから

朝起きてFacebookの野村茎一先生のブログを見るとまるでコラムのような(実際そうだけど)内容だったので、音源をまとめようと思った。

ジョスカン・デ・プレ  1440年(?)から1521年 ルネサンス時代のフランスの作曲家。
 
     
 
パレストリーナ (1525−1594) イタリアの作曲家
「教皇マルチェルスのミサ曲」
 
 
     
 
 
ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685−1750)
 
 
       
 
 
ベートーヴェン(1770−1827)
同時代の作曲家と言えばモーツァルトだが後世への影響力のあったのはベートーヴェン。ロマン派の作曲家はベートヴェンの系譜と言っても過言ではない。
 
 
   
 
★影響を受けたと感じる作曲家とその曲
 ベートーヴェン ピアノソナタ 「月光」3楽章 と ショパン「幻想即興曲」
 
 
 
     
 
 
 
 
     
今聞くと、調も同じだし、そっくりの場所(月光ソナタyoutubeの6:45あたりと幻想即興曲Yundi Li のyoutube 0:22から)以外も幻想即興曲の最初の出だし音の構造一緒だ!!    続けて聞くとよくわかる!!
 ベルリオーズ「幻想交響曲」とベートーヴェン「英雄交響曲」
           
 
     
 
 
ベートーヴェン「悲愴ソナタ」序奏部 と チャイコフスキー「悲愴交響曲」
 
     
 
 

 

 

時代の要はドビュッシー(1862−1918)

ベートーヴェン後の作曲家はベートーヴェンを追おうとした。しかし、ドビュッシーの真似は出来なかった。

 

 

 
 
 
無調音楽  新ウィーン楽派(シェーンベルク、ベルク、ウェーベルン)
シェーンベルク 12音技法  「ピアノ組曲」
 
 
ベルク「ヴォツェック」
 
     
 
 
ウェーベルン  12音音階とバッハの特異性
「パッサカリア」
 
 
 
 
   
 
 
バッハへの影響はバルトークもそうだった。
「弦楽、打楽器とチェレスタのための音楽」
 
 
 
バルトークとベートーヴェンとの関係 脈々と流れて来たクラッシックの神髄を見ることが出来る。
 
 
ベートーヴェン「弦楽四重奏 14番 嬰ハ短調」 と バルトーク「弦楽四重奏曲第1番 1楽章」冒頭
 
 
 
 
       
 
 
 
     
 
 
 ストラヴィンスキー 「ペトルーシュカ」 複調 
 
 
 
 
 
 
 
  「春の祭典」    
 
 
 
 
タフなブログだ〜〜!     朝から始めていろいろ家事をこなしつつお昼過ぎまでかかった。でも聞くのだけでも何日かかるんだろう。しかもそれを理解するまでにはどれくらい????

2015年1月 6日 (火)

新曲アップしました

去年の9月から暖めていた「諸行無常」ようやく録音を録ることができました。

SoundCloud から聴けます。
 
 

2015年1月 4日 (日)

明けましておめでとうございます。

遅ればせながら、音の絵日記に来てくださっている方々に新年のご挨拶をと思いながらも今日は4日になってしまいました。

facebookの投稿が主になってしまってこちらの方への投稿がずっと放ってあってすみません。

去年は何回上海と日本を往復したでしょう?数えるのも嫌なのでやめますが、、、。

上海でしばらく生活して日本に帰ってくると、どんなに日本が素晴らしいかを再確認。何度行ったり来たりしてもそれは感じます。

そして少し経つとそのありがたみも消えてしまう。ありがたみが消えた頃また上海へいって・・・。もしかしてそういうことが私にとってはいいのかもしれません。

上海にいる時は写真をアップすることが至難の業でそれでもう断念していました。

気まぐれブログになっていますが申し訳ありません。

 

去年末に家でホームコンサートをしたとき、”At The End of 2014”という曲を書きました。SoundCloudの方にアップしました。

良かったら聞いてください。ホームページからのリンクも試みているのですがなぜか埋め込みコードが出なくて手こずっております。SoundCloudのアプリをインストールしないと聞けないかと思います。

 

https://soundcloud.com/eriko-onda

 

それでは本年もよろしくお願いいたします。

 

「音の絵日記」 温田絵里子 

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »