« ツアー3日目 〜その2 漁り火パーク、巨釜(おおがま)大理石海岸〜 | トップページ | 蘇州夜曲 »

2014年6月 6日 (金)

ツアー3日目 〜その3 舞根森里海研究所〜

ツアー最後のコンサートは、気仙沼の舞根(もうね)にある牡蠣の養殖所のほとりにある舞根森里海研究所。入り江に広がる海は穏やかで海カモメが飛び交っていました。ここも震災の時は牡蠣の皮むき工場もすべて持って行かれ壊滅状態だったと田中先生のお話でした。この舞根森里海の代表の「森は海の恋人」運動の牡蠣養殖漁師の畠山重篤さん。後で頂いた本を読んでこの復興運動の希望の星であるこの研究所の意味を知りました。2014年3月にできたばかりのこの場所に、牡蠣養殖所で働く人たち、震災後に出逢って7月に赤ちゃんが生まれるカップルなどなどお越し頂けて、喜んで頂けて本当に歌い手身寄りに尽きる時間でした。

Img_3336

研究所の前に広がる牡蠣の養殖所

Img_3341

NHKプロフェッショナル仕事の流儀にも出演された畠山重篤さんと。


Img_3339

研究所外観。


Photo_55

コンサート後皆さんと。


Photo_4

« ツアー3日目 〜その2 漁り火パーク、巨釜(おおがま)大理石海岸〜 | トップページ | 蘇州夜曲 »

コメント

こんばんは。
ご無沙汰しています。

復興チャリティーツアーのご様子、一気に拝見させていただきました。
Erikoさん達の素晴らしいコンサートに
被災された方達はきっと喜ばれたでしょうね。
私もコンサートの様子を聴かせていただき
ポピュラーな曲は一緒に口ずさんでいました。
音楽は本当に素晴らしいですね。

blaiseさん、こんばんは。
お久しぶりです。音源聴いて下さったんですね。ありがとうございます!
石巻と気仙沼はきっとこんな機会でないと行けないところでしょうし、
3年経って被災地の復興ぶりが目覚ましかったです。
地元の人たちの生の声が聞けたことが貴重でしたし、
今回のリーダーのバイオリンの佐藤美都子さんの熱心な思いがみんなを動かしていました。来て下さった方々と少しでも触れ合うことができて少しでも希望に繋がれていれば本望です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501662/59768590

この記事へのトラックバック一覧です: ツアー3日目 〜その3 舞根森里海研究所〜:

« ツアー3日目 〜その2 漁り火パーク、巨釜(おおがま)大理石海岸〜 | トップページ | 蘇州夜曲 »