« | トップページ | 第20回 コンサート桂幸会 »

2014年6月13日 (金)

久しぶりの野村先生のレッスン。

自分のノートの代わりに書いているので意味が分からないところはあしからず・・・

今日も盛りだくさんの内容でした。
”非和声音を制するものはメロディーを征する”と題して
チャイコフスキー「くるみ割り人形」
鳴らしてみたら同じ音でもその臨時記号で意味が違う。
(エンハーモニックの問題)
チャイコフスキーのこの曲のことを先生は細密画とおっしゃっていました。

いろいろ聞いていたら、こんなすてきな動画が。
前奏、助奏に関して
的確な長さで。
イベール「フルート協奏曲」
ベートーヴェン「英雄」
究極、この一つの和音!
ビートルズ 「Hard Days Night」
楽器の特徴
フルート:低音ではレガートが○、スタッカートは△
             高音ではスタッカート○、ロングトーン○
             タンギング、ダブルタンギング、トレモロ○
 
クラリネット:低い音域→大きな音○
                  高い音域→小さな音も○
                 分散○
 

« | トップページ | 第20回 コンサート桂幸会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501662/59805712

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | 第20回 コンサート桂幸会 »