« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月24日 (火)

何年も放ったらかしの自分のHP。もういい加減作り直さないといけないと思いつつずっとできなかったのですが、、、。

今までのHPはWindows専用のホームページビルダーで作っていてMacにはそのソフトは使えずだったので更新が大幅に遅れました。
ここに来てMac専用のHPを作るソフトRapidWeaverを購入して、連日それに向き合っているのです。一筋縄ではいきません。
しかしやればやるほど問題が山積。それをいちいち解決しつつの作業。
音源をアップしているSoundCloudからの埋め込みが主ですが、この大元のSoundCloudは2時間までが無料。4時間までは月6ドルを払い続けるというシステム。今は2時間をきっかり使ってます。
今日はベートーベン 交響曲第5番。とうとう「運命」の時です。

2014年6月23日 (月)

ベートーヴェン 交響曲第4番。 

この曲の書かれていた頃の他の作品
ワルトシュタイン、アパッショナータソナタ、フィデリオ、ピアノ協奏曲第4番、ラズモフスキと解説にあった。
そして、非常に深い愛情を持っていた女性テレーゼがあった。

2014年6月22日 (日)

 ベートーヴェン 交響曲第3番 「英雄」  

1804年1月に完成、1805年1月ウィーンにおいて初演。

聴き始めていきなり目が覚めた感!1番2番からの飛躍は凄い!

Wikipediaから、ベートーヴェン自身一番好きな交響曲はこの3番と言っているのが興味深い。

ベートーヴェン  交響曲第2番

ベートーヴェン 交響曲第1番

勉強しなさ過ぎの私なので、喝を入れるためにベートーヴェンの交響曲1番から9番までのスコアを買ってきた。並べてみて凄く思った。1から順に分厚くなっていってる。これから数日間、ベートーヴェンの成長をこの耳で確かめよう!

第1楽章

第2楽章
第3、4楽章
1800年初演。モーツァルト、ハイドンを思わせる旋律があるけれど、若々しいリズム、対位法的な要素が目立つ。

2014年6月19日 (木)

今朝はとってもいい天気だったので朝飯前に図書館に行ってみた。

借りたかった本を忘れて、他の本をたくさん借りてきて、クラッシックのCDもいくつか借りた。
珍しく娘が家にいて私がクラリネットを出すと、得意げに中学のときのブラバンのコンクール曲などをYoutubeで見つけて、それをカラオケ代わりにご機嫌で一緒に吹いているのでした。ほとんど娘と出かける時間がないので今日は二人で渋谷にガレットを食べに行こう!なんていいながら結局途中で友達からの連絡が入って私はふられたのでした^^
今日の目的は下北沢のKALDI COFFEEに行ってスパイスを買うこと。
この間野村先生のところに行ったときにインド料理の話を聞いてその香辛料が欲しかったのです。本音はインド料理よりもその香辛料の味を知りたいって言うことだったのかもしれませんが・・・
最初間違えて北口(?)に出てしまって坂を下っていつも行く洋服屋に行こうと・・・
いや、今日はいつもと違う道に行ってみよう!それが運命の分かれ道でした!
この道が何ともレトロなアンティーク街というか面白い店ばかり。
そういうところが下北の魅力。道の端までくると何とも醸し出す店が♡
窓からも凄くかわいいものが見えてる!!!
もう入るしかないよね。。
やっぱり!当たりの店でした!
その店の名前はバブーシュカ ロシア語でおばあちゃんになってもお友達と楽しくお茶会したい。みたいなことを言ってました。
視界に入るところすべてが素敵! ここにずっといたい感じ。
この間から少しづつ読んでいる畠山重篤さんの単行本を読んでいると乙女チックな格好をした若い女性が同じテーブルに腰掛けました。
この距離で黙り自分の世界に浸るのも辛いし、話しかけてみました。
そしてお店のことや自己紹介などなど・・・
そしてなんと!彼女が気仙沼の人だった!!そして私の読んでいる本の畠山さんをよくご存知だったこと!!!
そして「地球交響曲」という映画に畠山さんが出ているということ。
うわ〜
なんということだろう!
なんか鳥肌が立った!
なにかしら惹き付けられたんでしょうね。彼女に。
声優を目指す素敵な方でした。そしてボランティアで被災地のために活動されているということでした。どこでどんな人に出逢うか分からないな〜
1
このケーキの愛らしさ♡
6

黒木こずえさん(えの旧字がなくてゴメンナサイほんとは旧字です)
という画家さんの個展をやっていました。
立体的でオルゴールを鳴らすと絵が動くメルヘンの世界、素敵だったわ〜
4
バブーシュカを離れてまたもや惹き付けられる店が。何度も下北沢を訪れていてどうして気がつかなかったんだろうという”DARWIN ROOM”というその名の通りいろんな動物のいる(笑)お店。アゲハチョウのピンで刺してあるものから、シマウマの子供まで(゚0゚)店の中は撮影禁止なので外から。
7
 
BS日テレの「久米書店」という番組の撮影場所なんですって!
そのはずよね。どこも絵になるもの!
今日の目的が・・・
やっと北口へ回りお目当てのカルディコーヒーへ。
ふ〜。
クミンシード、ターメリック、コリアンダ、レッドペッパー、ガラムマサラ。欲しいもの全部そろいました! さすが(*^-^)
2_2
買ったスパイスなどはこちら ほんとに作れるんだろうか┐(´-`)┌
しかも袋に入ったのは原型のまま。これどうやって潰すの?
8
そして、付け加えます。昨日できたそのカレー!
コリアンダのつぶつぶが気になりますがそれも味ですね^^
いきなり本格的な味になりました!!
そして、ターメリックライスは香り豊かで今朝はベーコンとタマネギと大葉を入れたオムレツと一緒に食べたら最高でした〜
Photo

2014年6月17日 (火)

今日は娘のクラリネットを引っ張りだして無理矢理出ない音で^^;吹いてました。

リードをもうちょっと薄いのにしたら音が出るかな?
今日は音はカスカスでした><;
その代わり腹式呼吸でないと音が出ないことが分かりました。
Youtubeを探してたら、ドビュッシーのクラリネットソロ曲が。
凄いけど、なんか落ち込むわ・・・

グールドのピアノでもありました。チューニングはあってませんが・・・ グールド伴奏でも歌ってる。むしろ伴奏だから歌うのかな?

娘が入っている大学のゴスペルグループ "The Clumsy Chorus"の夏公演に訪れた。

大学内の音楽室でのコンサートで、狭い音楽室にぎゅうぎゅうの人!!!
なので、3日間の公演。
これだけ完璧な練習とバンドと語りとで聴かせるには本当にもっと大きなところでやってほしいなという想いはあるのだが。夏公演は毎年ここでやるのが恒例らしい。
とにかく親バカですが、このゴスペルサークルの大ファンなのです。
本当に心からの歌声にいつも涙しながら聴いているのでした。
今回はご覧の5曲でしたが特に「Still」がよかったです。
2

1


第20回 コンサート桂幸会

先日のチャリティーコンサートでお世話になったピアニストの金井多恵子さんの発表会に出かけた。65歳になる今でもレッスンに通われていて、ショパンのマズルカ全曲演奏を目指して頑張っておられる。

昨日の演奏の曲目をメモ代わりにYoutubeからノートしておきます。
ショパン マズルカ 作品30 No.4
ショパン バラード4番 作品52
たくさんのピアニストが見つかってどれが好みかは分からないけれど、バラード4番ってショパンの思考を垣間みるような音楽だな〜 脳内散歩っていうか。
こんなすてきな曲だから世界中の人から愛されるんだね。
多恵子さん自身が好きな演奏家を聴いたら、リヒテルやツィマーマンだといっていました。
リヒテルのバラ4、重厚!!!
ショパン 夜想曲 作品48-1
録音は悪いけどアルゲリッチのノクターン凄いね。
ラヴェル  クープランの墓
ホルスト  火星 〜戦争をもたらす者〜
こんな凄い曲だったんだ〜〜

金星 〜平和をもたらす者〜 
 
木星 〜快楽をもたらす者〜
このプログラムの充実ぶり。これをたった4人でピアノでやってしまったのだからこの会の指導者金澤希伊子先生の奥の深さが伺える。
ホルストの惑星は全曲聴いてみよう。
昨日の写真
日比谷の松尾ホールにはスタインウェイがステージいっぱいに並ぶ。
B_3
行き帰りの道
D_2
幸せな気分で夜の有楽町駅付近。
C

2014年6月13日 (金)

久しぶりの野村先生のレッスン。

自分のノートの代わりに書いているので意味が分からないところはあしからず・・・

今日も盛りだくさんの内容でした。
”非和声音を制するものはメロディーを征する”と題して
チャイコフスキー「くるみ割り人形」
鳴らしてみたら同じ音でもその臨時記号で意味が違う。
(エンハーモニックの問題)
チャイコフスキーのこの曲のことを先生は細密画とおっしゃっていました。

いろいろ聞いていたら、こんなすてきな動画が。
前奏、助奏に関して
的確な長さで。
イベール「フルート協奏曲」
ベートーヴェン「英雄」
究極、この一つの和音!
ビートルズ 「Hard Days Night」
楽器の特徴
フルート:低音ではレガートが○、スタッカートは△
             高音ではスタッカート○、ロングトーン○
             タンギング、ダブルタンギング、トレモロ○
 
クラリネット:低い音域→大きな音○
                  高い音域→小さな音も○
                 分散○
 

2014年6月10日 (火)

前から買い替えようと思っていたMacBook Proを購入。

もう、今までのパソコンでは新しいOSを入れると楽譜を打つソフトが使えなくなってしまうから。後はLogic pro Xを勉強したかったから。
購入時に"one to one"というサービスがあって、予約してその道のスペシャリストにアップルの出しているソフトの説明を詳しく聞けるというもの。
昨日は自分の使い倒したMacBook Proをアップルに預けてデータを移してもらった。
運良く今日30分のLogicの説明を聞くことができた。
やっぱり凄い!たった30分で私の知りたいことを無駄なく全部教えてくれた。
その後、アップルに入り浸って3階にあるホールでMacのソフトの使い方の講義を聞いたりして、夕方のLogicのオープニングセミナーにも出た。
昼過ぎに教わった先生が最初の30分、その後その先生が退社した後もLogicのことは聞けなかったが新しいMacBook Proの使い方などを教わった。
 このシステムは購入後1年間、9800円で予約してマンツーマンでいくらでも教えてもらえる。アップルの人の凄さはググったときに的確に自分の知りたいところを表示できるところだな〜  なかなか私はそうはいかない。
今日帰ってきてみると、この間の石巻のコンサートのとき取材に来ていた”石巻かほく新聞”から本誌が送られてきていた。 今までも地方紙に載ったが、写真付きはこれが初めて。そして最初で最後かもしれないから、記念に取っておきます!
3_2

2014年6月 8日 (日)

由比ケ浜

昔撮った動画をまとめてみた。今日はそういうモードの日だった。

2014年6月 7日 (土)

明月院

鎌倉特集最後は「明月院」。紫陽花寺としても知られきっと今頃は凄い人でしょう。

これは前の建長寺に引き続いて4月末の明月院です。
ここにあるやぐらは鎌倉最大級ということです。

仏像が風化して浮き彫りになっているところが化石みたいです。

天園ハイキングコース

鎌倉のお寺を訪れてこのとき一番衝撃だった建長寺からの天園ハイキングコースでした。
木の根がはびこる山道を進むと途中で古いやぐらが見られます。
その中には首のない石像が・・・

思いがけず迷い込んだハイキングコース

衝撃でした。


鎌倉 建長寺〜半僧坊

4月末、鎌倉を訪れた際に撮った写真をまとめました。

建長寺は臨済宗建長寺派大本山。
鎌倉時代1253年五代執権北条時頼によって創建された。
開山当初南宋の禅僧蘭渓道隆で事実上この当時鎌倉が日本の首府であった。(Wikipediaより)


蘇州夜曲

三月に行った蘇州。
Naokoさんと「蘇州夜曲」を録った時から実際 蘇州に行ってその写真を使いたいと思ってました。なんだかんだ忙しくそれができずにいましたがようやく実現しました!

2014年6月 6日 (金)

ツアー3日目 〜その3 舞根森里海研究所〜

ツアー最後のコンサートは、気仙沼の舞根(もうね)にある牡蠣の養殖所のほとりにある舞根森里海研究所。入り江に広がる海は穏やかで海カモメが飛び交っていました。ここも震災の時は牡蠣の皮むき工場もすべて持って行かれ壊滅状態だったと田中先生のお話でした。この舞根森里海の代表の「森は海の恋人」運動の牡蠣養殖漁師の畠山重篤さん。後で頂いた本を読んでこの復興運動の希望の星であるこの研究所の意味を知りました。2014年3月にできたばかりのこの場所に、牡蠣養殖所で働く人たち、震災後に出逢って7月に赤ちゃんが生まれるカップルなどなどお越し頂けて、喜んで頂けて本当に歌い手身寄りに尽きる時間でした。

Img_3336

研究所の前に広がる牡蠣の養殖所

Img_3341

NHKプロフェッショナル仕事の流儀にも出演された畠山重篤さんと。


Img_3339

研究所外観。


Photo_55

コンサート後皆さんと。


Photo_4

ツアー3日目 〜その2 漁り火パーク、巨釜(おおがま)大理石海岸〜

唐桑小学校のコンサートを終えて次の公演までの少しの時間、観光しました。
高台にある漁り火パーク。ここにもかなりの仮設住宅がありました。

大島を望む絶景なり。タクシーの運転手曰く震災後船の燃料に火が付き、炎を上げた船が漂っていて地獄絵を見る様だったということでした。


Img_3316

地震で地盤がずれた後。

Img_3314


北の方角を眺めると町中壊滅状態になった陸前高田市。
写真では見えませんが。

Img_3312




巨釜の大理石海岸。赤松林の奥に広がるダイナミックな海でした。



Img_3324



Img_3321




折れ石




Img_3327


ツアー3日目 〜その1 気仙沼 唐桑小学校〜

ツアーも3日目。泣いても笑っても今日でおしまい。そして今日は2公演。
先ずは午前中、唐桑小学校。
昨日の「森は海の恋人植樹祭」からのオーガナイザーは京都大学名誉教授の田中克先生。気仙沼から唐桑小学校までタクシーで3、40分だったでしょうか。
タクシーの運転手さんはどの方もみんな親切で何より震災をもろに経験されている方々なのでその話は切実でした。
私たちが3日間乗ったタクシーの運転手さんの中で家を流された方は二人もいました。この日の2人目の方は仮設住宅に住んでいるといって狭いし次のめどが立っていないとこぼされていました。

唐桑半島は被害のあった地域で防波堤が決壊しそのまま残されていました。

Img_3297

静かな港に突然津波が押し寄せたんだな〜

Img_3299

高台にあった家は流されなかったそうです。シロツメクサ一面の平地は流された家の後。この先家を建てることはないと言っていました。


Img_3301

唐桑小学校到着。”バイオリンミニコンサートの文字が”(笑)

創立は昭和27年と言っていましたが新設されてまだ3年の新しい学校。

Img_3303

全校生徒100余の小さな学校ですが、校長先生、教頭先生も素敵な先生でした。生徒さんたちもとっても素直な生徒さんたちばかりで、感心しました。
予定していた、全員合唱、嵐の「ふるさと」と「Let it Go」も大きな声で歌ってくれて嬉しかったです!Let it Go、自分なりの伴奏を頑張って書いて弾き語りして良かった〜〜!

演奏後の写真。子どもたちからメダルのプレゼントを頂きました。
この後私もメダルしたんですがあまりにボケぼけの写真なのでこちらで。



Photo_5




ツアー2日目 〜気仙沼 ひこ映えの森ライブ〜

6月1日。この日は岩手県一関市のひこ映えの森交流センターで行われた植樹祭の野外ライブに出演しました。
海を守るためにブナ科の樹木を森に植え、森を豊かにすることによって海を豊かにするという企画。今年で26回目を迎え全国から世界から1400人を超えた人々が集まりました。フランスのルイ・ヴィトン社の4代目社長ピエール・ルイヴィトンも参加されていました。「森は海の恋人」企画です。

Photo

マスコットの巫女さん。




Img_3283


この日は全国的に夏日で最高気温は33度。
舞台上は強い風。演奏としては過酷な条件でしたが、ポピュラー曲を中心にまとめ、最後はアンコールの声も頂けるほど。東京のコーラスグループ”サウンド・アンビション大田”の合唱団の皆さんと「見上げてごらん夜の星を」をコラボしました。



Photo_21

舞台上にパラソルがあって助かりました。

後ろに”森は海の恋人”の文字が。なかなか様になってます^^

Photo_42

ここで初めて弾き語りの「Let it Go」を歌いました。

夜は震災で流された場所に建てられた屋台村へ。
津波の爪痕が少し残る場所でした。復興頑張って欲しいです!

Img_3286

漁師のまかない丼美味しかったぁ〜〜



Img_3287

つづく・・・


 

石巻〜気仙沼へ

石巻桃生(ものお)公民館でのコンサートを終え、予約していたタクシーに飛び乗る。17:11発の電車に乗らなくてはいけない。

石巻の駅構内も見逃せない。仮面ライダーとサイボーグ009がお目見え!

Img_3230_2

石ノ森ファン、鉄道ファンじゃなくても心躍る!

Img_3235_3

そして階段も!

Img_3236_2

車内も!

Img_3241

マンガって見てるだけで心和むんだな〜 これも復興の一環かな?

私たちの乗ったルートは下の様です。

途中、BRT(BusRapidTransit)はバス高速輸送システムといって開通していないJRをバスで代行しているということです。仙台〜石巻で乗ったのに続きこの日も柳津〜気仙沼まで乗りました。




Img_3266_2

前谷地で気仙沼線に乗り換え

Img_3242_2

気仙沼線は1両編成。なのに車内にはトイレ完備。
途中、のの岳という面白い駅の名前。

Img_3245_2

もうすぐ柳津というところで雄大な北上川。

Img_3247_2

柳津駅到着。またバスの車両が可愛い。

Img_3254_2

マスコットのホヤぼーや。

Img_3253_2

バスは途中から三陸の海岸沿いを走り

Img_3258_2

やたらトンネルが多い!揺れる揺れる〜〜

Img_3261_2

今何処を走っているのかと、iPhoneの地図で見てみた。まさに海岸沿い。


Img_3260_2

1時間46分をかけて。20:31。無事気仙沼に到着!

続く・・・・

2014年6月 5日 (木)

〜石巻 その3〜

やっと本題に入れます^^;

石巻の駅前からタクシーで約30分。
旧北上川に沿った道をひた走り田園風景の中に突如立派な施設「石巻桃生公民館」が現れます。石巻市とその近隣の町村6つが合併してこの立派な施設を建てたということです。

Img_3214

Img_3215

入り口に私たちのプログラム。

Img_3217

拡大したのがこちら。

Photo_2

キャパは300ほど。よく響いて気持ちいい〜〜!

Photo_1

6月1日から空調が入るのでこの日5月31日は暑いのに空調無し。
舞台上はライトに照らされてもの凄く暑かった^^;

Dsc05147

そして本番。バイオリンからスタート。
美都子さんの情熱的な演奏に反応も上々。

Dsc05162

そして私の日本歌曲。

Dsc05172

最後は「さとうきび畑」を弾き語り。

Dsc05180

そしてコラボ。Summertimeを歌ってる瞬間。

Dsc05201

コンサート終了直後。お客様から温かい拍手とお言葉を頂けて大満足。


Img_3227

東京から作詞家の柏木隆雄さんご夫妻もわざわざ来て下さいました。
感謝です。そして、地元の童謡愛好会の方たちも。

そして私たちのことが地元の新聞に載っていたものを頂きました。

これは記念品です。

そしてこの日講演が終わってからも地元の新聞社が取材に来ていました。

20140605_142411

20140605_142434

この日、2部の途中から舞台袖で録音していたものをSoundCloudにアップしました。私としては良く歌えた方だと思っています。ちゃんとマイクで録っていませんし雑音も多いですが貴重な記念としてとっておきたいと思います。

よかったらどうぞ。

https://soundcloud.com/eriko-onda/ishinomaki-20140531





〜石巻 その2〜

ホテルの窓から見える石巻の町は整然としていて活気があり被害があったことを全く感じさせないものだった。

Img_3175

あまりよく眠れなくて朝早く起きてしまったので外に出て町観察に出かけた。

石巻は漫画家の石ノ森章太郎の故郷ということを着いた夜知ったのだが。

それというのも部屋に可愛いマンガの絵が書けてあってそこにShotaro Ishinomori

となっていたので調べたら地元だったのだった。道理で道に可愛らしいキャラクターのフィギアがあったのね。納得!

石巻駅からフィギアのある方へ歩いていってみた。

順番不動。キャラクターがいることでとっても素敵な駅!

Img_3183

Img_3185

Img_3187

愛らしい母子像は石巻の生んだ高橋英吉さんの作。

Img_3186

楽しそうな町だわ〜

Img_3182

市役所の前は仮面ライダー!いいね。

Img_3189

めちゃくちゃカッコいいんだけど。

Img_3177

居酒屋前に有りました。

Img_3180

001が赤ちゃんなのね。

Img_3192

理系の感じ。

Img_3195

七十七銀行前には007。なるほど〜〜

Img_3196

これは何処の前だったか忘れました。

Img_3199

仮面ライダーが石でできてます。

Img_3200

Img_3203

ゴレンジャー。

Img_3204

Img_3210

石ノ森漫画館

Img_3207

女川

Img_3208

ここで一旦ホテルに戻って朝食でした。

 

 


復興チャリティーツアー 〜石巻その1〜

3.11から3年経ってようやく復興チャリティーツアーが実現した。
それは上海でお世話になったヴァイオリンニストの佐藤美都子さんの夢に描いていた復興チャリティーツアーだった。
色々な人たちの友情で成り立った3泊4日の旅だった。

コンサート前日、5月30日。
東京ー石巻まで。
仙台までは東北新幹線で。

15:20発 はやぶさ・こまち25号。

Img_3164

車体は緑とピンクと白。

Img_3163

車内ではみんな勉強^^; 

Img_3166

あっという間に仙台に到着。(16:52着)
到着後すぐにバスに乗り込んだので仙台の写真は無し・・・

仙台ー石巻間はまだ一部鉄道が開通していないため、代理の高速バスで約1時間半。

もう石巻に着く頃の外の様子。大きなイーオンがあったり、海沿いの道を通っていないせいか、震災があったとは思えないほどの復興ぶり。

Img_3167

石巻駅到着。”がんばろう!石巻”の文字が。

Img_3169

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »