« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月28日 (金)

結婚して8回目となる引っ越しがもうすぐ。
ここのマンションの中でも1度引っ越ししてるんだが、今月末でここを出るのでダンボールに要るものを詰めて行く。CD入れに入れてあるCDを片っ端から聞きながら思った。(今はAndrea Schiffのバッハフランス組曲とイタリア組曲。なんて素敵なんだろう♡)約4年この部屋にも思い出がいっぱいだな。しばし感慨に浸って手が止まる。壁や机の上がすっきりして部屋が広く見えると心の整理もついていく様な気がする。

昨日撮った写真。

朝は雲と太陽が幻想的で素敵だった。

Photo_2
花が一気に開いて今が見頃。

日本の桜みれるかな?

1
なんの花なんだろう。花に近づいて匂いを嗅いでみたけどほとんど感じなかった。

2_4

これはボケの花かな?

4

青空が綺麗。
AQIは相変わらず100を超えてるけど。
新芽が出て来た。いいな〜 春。

5

昨日はこの曲を耳コピしてたのでした。 チャリティーコンサートで歌うため。震災が起きてすぐのアップ。香港、台湾のスターたちが集まってこんな曲を歌ってくれてたんだってことに改めて感動。 日本も、事務所を超えてこういうことが出来れば良いのに。

2014年3月20日 (木)

空気が悪いので外に出る時はマスク必須なんだけど、花々のつぼみが膨らんで春だな〜って思えるのが嬉しい。

今日は桃の花(?)が可愛く咲き出していた。

Photo

2
↓サクラの種類?葉っぱも一緒にでて来た。

3

八重の椿かな?綺麗。

4

2014年3月17日 (月)

今日の上海はモワッとして生温か〜い。
気温24° やっぱね。一気に芽吹く感じ。緩むな〜。

Photo
今日は日本に本帰国の方の送別ランチ。
普段は行かないエリア仙霞路の通称ルイ・ヴィトンビル。
私は初めて行く場所。

ほんとにその名の通りブランドショップの並ぶビル。
台湾の本店にもこのマスコットいたな^^
鼎泰豐にて。それぞれ上海で揉まれた教育観や音楽に関しての話。
楽しいひと時だった。

1

2014年3月16日 (日)

今日は春らしい一日だった。
PM値が高かったので外には長い時間でられなかったが、外に出た途端ふわっと”春!”と嬉しくなった。
今日はもう一つ嬉しいことがあった。
それは最近書いた曲を実際フルーティストの人に楽譜を送ってあった。吹いてもらってだめだしを頂こうと思ったのだ。
そしたら、そのフルーティストの奥様はクラリネットを吹かれる方。奥様にも楽譜を転送して下さっていた!

年に何回かフルート、クラリネット、ピアノのトリオで演奏する機会があるので是非やらせて頂きたいというものだった!!
こんな嬉しいことはない。それに奥様もすぐにクラリネットを吹いて下さったらしくだめだしが来た!なんと音域以上の低い音で終わっていた!!なんという馬鹿な!
自分で悲しくなった。しかもそれが主音だから逃げようがない。
無い脳みそで色々考えてなんとか良い感じのができた!
これはいける!
日本にいるとき、フルートとクラリネットのエチュードのCDと楽譜を購入して時間のあるとき聞いていた。私はクラリネットの音を誤解していた。なんと奥深い素敵な音だろう。Roseのエチュードだがクラリネットのソロだからこそ出せるふくよかさとさりげなさ。

今日は満月。カーテンを開けた瞬間”赤い月!”だった。空気の汚いせいかな?
それでもカメラに収めた。

Img_0286

Img_0290

下は少し加工済み。本物より綺麗。パーラメントの宣伝みたい。

やっぱり上海は外人多いなと感じた。
マッサージ屋とレストランが並ぶ道、大沽路。
今夜はインド料理屋に入った。他にはブルガリア、マレーシア、日本、タイ料理・・
逆に中華はなかった。
ビールは美味しかったけどすべてが辛くて辛さに疲れた。
インド人ってこんな辛いもの毎食食べてるの?

5

1

2

3_2

辛くてヒーヒいってたのはこれらカレー。黒っぽい方が羊肉カレー、黄色っぽいのがチキンカレー。でもちょっと荒っぽい感じ。

Photo

2014年3月12日 (水)

3.11 3年目を迎えてこのところずっと被災地の現実をテレビは伝えている。

3年経ってもまだまだ進まない復興。先の見えない仮設住宅での暮らし。本当にどうにかならないのか、それを待っている人たちの中には生きる希望さえも持てなくなってしまうのではないか。
そんなことを考えているので街を歩いている時に浮かぶメロディーはいつも暗い。
今日もずっと同じメロディーに付きまとわれていた感じだったな。
曲を書くってどういうことなんだろう。自分の思考ではだめなの?
思考の集大成。

運動不足解消のためこのところ朝はジムに行ってひと汗かく。そこで歩きながらNHKの朝一を見るのが楽しみ。
今日も豆乳とすりおろしたジャガイモでホワイトソースを教わったし。

午後になって今日の夜ご飯は要らないと分かりフランス租界地までまたウォーキングがてら買い物に行った。今日はクリーニング屋のおばさんが朝来て、雨でしょ?と聞くと、降ったり止んだりよ〜 ずっと様子見てたけど、また降ったわ〜。みたいな口調。折り畳み傘を持って行って良かった。帰りは風の強い雨がじゃじゃぶりに。往復歩いてしまった。良い運動になったな〜。

Photo_2
随分前に入ったことのあるレストランの明かり。

この間教えてもらったスーパーのシナモンベーグルがとっても美味しい!
しかも安い!隣のパン屋で買わなくて良かった^^
このベーグルを買うためにまた来てしまいそうだ。
上海は決して物価は安くない。選んで買えば日本の方がよっぽど安くて安心。

人懐っこい街並いいな。よく見ないで撮ったら何の宣伝か分からない・・
携帯電話のなにかを個別に予約して作ってくれるものらしいが・・
今度行った時はちゃんと見て来よう!

9

上海はひところに比べて高級車が走るようになったけど、いつも思うのは高級車を運転するマナーができてないってこと/// 必ずしも持ち主と運転手が一致しないこともあるしね。

8

上の写真は1920年代から続く街並。下は現在の街並。

けっこう降ってます。このとき。南京西路。(↓)

3_2

2014年3月 6日 (木)

一日寒い日だった。
朝一1時間くらいジムでマシーンで歩きながらNHKの朝一を見る。
昨日から被災地の様子を伝えている。
今日は第一原発から5キロに家を持っている農産物の直営をしている人を取材していた。直営店とはいえ福島県産の物はその時は長ネギだけ。他の野菜に関しては放射能含有量のデータが一緒に張られている。
人は入れるが泊まれない区域。誰も住んでいない3年前のまま時間の止まった荒野が広がっていた。私も5月末から6月の始め気仙沼と石巻市にチャリティーコンサートに行く。あれから3年。私は何の力にもなれないけれど、現状をこの目で見てくることに意味があると思って行く。

今日はお掃除が入るので外に出る。
お昼はひとりランチすることに。前から気になっていた地中海料理の店へ。
お昼でほぼ席は満席。カウンター席がいいと思って座ったら、魚君とロブスター君?と目が合っちゃった!ロブスター(?)君は可哀想にハサミを縛られてるけどなにかもぐもぐ食べてる。

Picmonkey_collage

そんなにいっぱい食べるきなかったんだけど、メニューが詳しすぎてしかも英語と中国語表記で難しかったのでセットにしてしまったのでした。

そのあと練習室へ行く。調律が狂っていてドミソの和音もぴよんぴよん・・

こんなので練習してたら耳悪くなるだろうな。ここでピアノの練習はできない。

2014年3月 4日 (火)

今日は朝からスリリングな一日だった。
期待はずれなこともあったけどその代わり新しい良いことと出逢えた日だった。

今プリンターは日本にあるわけで家で印刷はできない。
そして楽譜もほとんどは日本にある。
先ず娘にLINEで電話して欲しい楽譜を写真に撮って送ってもらう。
影になったりちょっと暗かったり曲がったりしているがとりあえずは読める。
ノートパソコンのデスクトップに欲しい楽譜をまとめてノートそのものを持って
KOKUYOへ。うちのマンションの反対側の2階にあって印刷をしてくれる。
!!!!! ない!! 無くなってる!いつの間に!!
は〜
このまま印刷屋まで行くのもな〜と思い、1階の受付で印刷したいんだけどどこかある?と聞くと、ホテルの4階のビジネスセンターであるけど絶対高いよ〜といわれる。そうだよね。でも私USB持ってないし、どこかで買えない?
と受付の彼女、パッとひらめいた!そうだ!うちのマンションのグッズ(気にしたこともなかったが)のなかにUSBがあるよ!と。
早速事務所へ。確かに!カッコいい鍵型のうちのマンションのロゴ入り!これは記念にもなると購入。重いパソコンは置いて近くの印刷屋へ。
学生っぽい表情のないお兄ちゃんがどのくらい印刷するの?と聞く。でた〜!こっちならではの枚数が多いと安いってやつね?と思い、これとこれとこれという感じでいう。全部で22枚。じゃあ、1枚5角ね。(7円くらい)
はい。としばらく待つ。お会計は入り口のお姉さん。22枚で22元!という!!
ええええ?さっきお兄さん1枚5角っていったけど?
するとお姉さん、じゃあいいわっ!は?なにこのいい加減さ。
はぅ〜 いわないと22元払うことに。
今日は外に出ている目的があった。もうすぐ本帰国する人に送別の品を買いに行くのだった。お香立て。この間行ったお香屋さんにきっとあるはず。
着いた。すると・・サンプルで結構使ってある物しかない。しかもめちゃくちゃな値段。諦めて昔の記憶でこのビルにそういった小物が売っているだろうとぐるぐる回る。とにかく人々の話し声がでかい!!耳元で痰を吐いてくるし。もうここにはいられない!練習に行く!とタクシーに乗る。
タクシーの運転手、ずっと同じ旋律をハミングしてる。しかもとってもきれいな声で。でも運転は超荒い!!ようやく目的の練習室に。
今日はいつも使っている広い部屋はすでに誰かが使っている。仕方がないので狭い部屋で練習を・・・隣でがんがんピアノを弾いている音が!少し離れた部屋にしようと、受付へ。受付の配慮は何もない。言ってみたらすんなり一つ置いた部屋が取れる。

声がこなれたところで、何年か前お香立てを買ったお店がこの近くだったはずとコーヒー屋のお姉さんに地図を見せながら聞くと丁寧に教えてくれた。


Photo_2
汾阳路 × 桃江路 × 岳阳路の三つの道が交わる三角地帯があります。
そこにあるこの石像。調べたらプーシキン像でした。

思ったより近かったし10年前娘が現地校に行っているとき毎週金曜日に迎えに来ていた道に出た。何とも懐かしいのともう10年も経ってしまったのかと感慨深かった。

3

娘の通っていた小学校のあった(今は移転)安亭路。

7

建物と街路樹だけ眺めたらここはパリの郊外?っていう感じ。やっぱり租界地は素敵。

 

そして目当ての店に行ってみたら・・・
まただ!店が変わっている。以前お香とお茶を売っていたお店はオーナーが変わっていた。素敵なチャイナレディー。目的の物は買えなくてがっかりしたけど、この店に置いているオリジナルのネックレスを送別の品にすることにした。中国チックでとっても素敵!自分も欲しいくらいだった。

オーナーに言った。
1年ちょっと前ここにお香とお香立てを買いに来たんだけど。
すると、彼らはもうここにはいないのよ。去年の暮れにオーナーが変わってやはりお茶を楽しむ茶店になったの。ここは1920年代の建物で中庭もあってとっても素敵!

5
写真が黒くなっちゃったけど中程のは暖炉。これも素敵な感じ。

9
その素敵なオーナー。

香道、花道、茶道もここで教えるのだという!!
私、習いたいんだけど!香道。10回毎週だとか。連続来れないからだめかな?

その店の入り口。THE KNOW 知了という店。

6

今日は色々あったけどとってもスリリングで上海な(笑)一日でした。

非常愉快!!

2014年3月 3日 (月)

雍福会(YongFoo Elite)

フランス租界地の一画、永福路にある元イギリス領事館
「雍福会(YongFoo Elite)」で友達の送別会。
旧洋館建てがたくさんある中でもこの雍福会も一見の価値あり。
赴きある古さが昔の社交の場だったんだなという奥ゆかしさを思わせる。
優雅なひと時だった。

Img_0174

Img_0151

Img_0152

Img_0155

Img_0160
お庭も日光の東照宮のよう

Img_0168

Img_0172_1

別宅にはこんな隠れ家が。

Img_0164

Img_0162_1

雍福会

最近の週末は近くにできたショッピングモールに繰り出すことが多い。
ケリーセンターの中。(南京西路×銅仁路)
気に入った店が一つ増えた。
KABBという店。洋食のブランチがいい。

5

特にこの店の壁に飾られた360°の写真が良くてこれを見にまた行っても良いと思うほど。

作家はスペイン人だといっていたけど。


1

3

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »