« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月26日 (木)

Christmas Home Concert  2013.12.21

ずっと前から楽しみにしていた山梨のNaokoさん宅でのホームコンサート。

彼女とは家族ぐるみの付き合いで愛にあふれた素敵なご家庭。

雪の降りしきる中、心温まるおもてなしと素敵なコンサートとなった。

Naokoさんのピアノの生徒さん。
Naokoさんと私のオリジナル曲を交え、何曲かの大好きなクリスマスソングを歌った。夜はNaokoさんのお父様のレコードのコレクションの中から、クリスマスソングのLPに酔いしれた。薪ストーヴのポカポカ暖かい部屋の外は雪景色。最高だった。


Img_9051

Img_9065

Img_9074_2

Img_9069



2013年12月15日 (日)

ミニマル音楽を調べてて、久石譲のこの曲 凄い!

2013年12月12日 (木)

Martino Tirimo Master Class
友達のAikoさんが受講するので、上海のスタインウェイを置く知音楽器へ。

受講生は3人。全員日本人。
弾かれた曲は、
1.ショパン バラード4番
2.ラフマニノフ コレルリの主題による変奏曲
3.ラフマニノフ ソナタ2番第3楽章&モーツァルト デュポールの主題による変奏曲

と上級クラスの曲目。

皆さん素晴らしいピアノで私はそれだけでも凄いと思ったが、
やはり、先生の弾くピアノのホロホロ感が何とも素敵だった。

今日はたまたまか変奏曲ぞろいで、特にラフマニノフが書いた曲がこんな素晴らしい変奏曲だということを知って名を残す作曲家は凄いんだということを思い知らされた。それを素晴らしく弾くピアニストも凄いと思ったが。

そして色々言われたがその中でも
受講生のピアノがどんな心境で弾いているかを鋭く見抜き、またはオペラのアリアのようにとか、両手で弾いている曲を金管楽器と弦楽器に分析していたりと常に具体的な楽器をイマジネーションしている。

それからAikoさんが先生に質問したことで、ショパンは出版されている楽譜が多数ありそれぞれにアーティキュレーションや指使いが違うのですが、いったいどれを選んだら良いのか?という質問に対して・・・

先生の答えは、弾き手はその中で自分に合うものを探したら良いだろうし、またショパンでさえ、自分の曲をその度クリエイトしてより良くしようとしていたのだから、皆さんも皆さんなりのショパンを探して欲しい。というようなことをおっしゃっていたのが印象的だった。

2013年12月 6日 (金)

上海での素晴らしいご縁で、在上海日本領事館の主催による天皇誕生日祝賀会で「君が代国歌」と「花は咲く」を歌うというお役目を頂いた。
場所は花園飯店(ホテルオークラ)のレセプションルーム、お客は500人余ということだった。このような光栄な場に立たせて頂けるという気持ちで自分の出来る限り準備した。

このレセプションは日本企業はじめ、各県のアピールを兼ねたパーティーですべてご招待客。各企業の代表の方々や各国の大使。「花は咲く」は震災復興を願って作られた歌で私の歌をバックに、福島の専門学校生の作った動画が流れた。ボランティアの活動、中国の学生が福島を訪れた際に現地の人たちとの交流する写真などが映し出されていた。(私は本番は歌に集中していて見ることはできなかったが、事前に見せて頂いた時には涙が止まらなかった)
今回領事の方々の働き。なんと言っても小原総領事の素晴らしいスピーチ、綿密な計画、トップに立つ方のこうあるべきという姿を知って感銘を受けた。

自分の歌う歌にちゃんと計画があったら、緊張していても心を込められる。
何が怖いって計画がないこと。今回は一つ一つのフレーズに自分の想いがあった。
うまくいったと思う。それが皆さんにも伝わったのだと思う。
会う人会う人から嬉しいお褒めの言葉を頂いた。
音楽やってて良かったと思える日だった。

Img_1130small

2013年12月 4日 (水)

最近の上海の大気汚染は過去最悪。
朝カーテンを開けると外は真っ白><;
ひどい状態。

1

iPhoneのアプリ「China Air Quality」で過去最高の(最悪)数値に近いときのデータ。

4_2

昨日はさすがに街行く人の中にもマスクをする人が増えたな〜という印象。

我が家の各部屋に空気清浄機がついているが本当に効いているのか?と思って外に出ると、先ず、ドアを開けた廊下からうわっ!と臭い匂いが立ちこめているのでやっぱり効いているのだわ。

12月2日はPM2.5が200を超える中、恒例の上海マラソンが行われていた。
家の目の前が健康マラソンのゴールになっていて朝早くから”加油!加油!”の声。

今日はホテルオークラで行われる「天皇誕生日祝賀会」で「君が代」と震災復興の歌「花は咲く」を歌う。過去に国歌をあんなに練習したことはなかった。(笑)





2013年12月 1日 (日)

この間からウイグル族のレストランが気になっていて
場所は分かっていたので主人と一緒に歩いていってみた。
時間は午後2時。もうお店にはお客は居らず、従業員がお昼を食べていた。
上海のレストランはらすとオーダー2時とか2時半とかでいったんお店を閉めてしまうところも多い。あらら。今日はだめだった。
途中で見慣れているつもりの景色がまた面白く見えて何枚か写真を撮った。

Img_8975

Img_8980_2

Img_8977

馬勒別荘飯店 1930年代 イギリス人の大富豪の家

ずっと建設中だったケリーセンターとシャングリラホテル。
いきなり大きなショッピングモールができてこれからここの生活はワンランクあがった感が。地下2階には香港系のCity Superが展開していた。

5

ずっと看板だけあって隠れていたがその昔、毛沢東が一時的に住んでいたという家が都会のビルの中にたたずんでいた。

4

夜は星と雪を象ったイルミネーションとクリスマスツリー。
上海の今の経済の繁栄ぶりを感じる。

Img_8981

Img_8999



 

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »