« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月29日 (金)

今回上海に来る前から決まっていた伴奏合わせ。
久々に会うピアノの友達だったし彼女の家にはちょっと面白い打楽器がいっぱいあるのでそれを触るのも楽しかった。

Photo
アフリカ?の打楽器と中国のひょうたん付きの笛。

友達の家を出ると珍しいことに、ウイグル族の人たちの売るパンが並んでいる。
ちょっと入りにくい雰囲気で写真だけ撮った。でも友達曰く凄く美味しいんだとか。今度は買ってみよう。

1_2


帰りは近くの花鳥市場へ。この時期クリスマスの飾り付けの柊の匂いが香しい。

3

外出ついでにオーダーメイドをしてくれるお店へ。
とってもローカルなところを作業場としている民家へ。
私が上海に来た頃からお世話になってるお店。母や妹たちから頼まれたオーバーコートなどを頼みにいく。どんなものができてくるか楽しみ。

2013年11月28日 (木)

日本での出来事

友達のNaokoさん宅の愛ねこ、タミーノ。
いつも私に嫉妬して隙あらば私の膝に乗ってくる。
この日はゴスペルの練習中メトロノームの横にちょこんと座り
お見事!メトロノームを取り押さえたのでした。参った・・・

Picmonkey_collage



2013年11月16日 (土)

ターナー展

ターナー展が開催されていることは知っていて前から行きたいと思っていた。

上野まで繰り出す。

ちょうど紅葉が見ごろの上野。いい時に来たなという感じ。

Img_8611

Img_8621

Img_8639

Img_8627

Img_8633

気に入った絵の絵葉書を購入

特に気に入ったのは左下(三つの海景)とした中央(平和−水葬)。

Img_8658

「三つの海景」はこの絵の中に3つの海が描かれていてその謎解きに関心したのだった。
下から中央下が一つの海。そして中央下から上部までの灰色の空。そして最後の一つはこの絵を上下を逆にしてみたとき、黒い海と灰色の空。今から約200年も前にこんな素敵な発想があったことに感激。色合いも好きです。

下中央の「平和−水葬」の”黒” これが宣伝していた言葉だなと思って見ました。
ターナーの友人の死 水葬 その冥福を祈る一羽の黒い鳥。その英語名が自分の名前と一致していた。(確かマロード)なんということ!

右下のラファエロが描かれたバチカンの絵も好きでした。

Img_8643今まで気がつかなかったけど上野公園にラジオ体操広場なんてあったんだ。

スカイツリーが意外と近くに見えるんだね。

Img_8647

2013年11月15日 (金)

フルートアンサンブル フラッシュ 20th コンサート

原宿教会で行われたフルートアンサンブル フラッシュのコンサート。

6時半開場の時間前には入り口は列ができていました。選曲の段階からもちろん音楽、進行色々な面に置いて隅々まで主催者側の心配りをとても感じる心温まるコンサートだった。

2

1

原宿教会の席には一つ一つバラの花が置かれていて、今回のフラッシュの方達のテーマ”花”をお客さんの家まで持って行ってねという計らい。お洒落〜

3

今回のプログラムは厳選された素晴らしい曲ばかりで、考えられたプログラミング。その中で光っていたのはやはり私たちの師匠、野村茎一先生作曲、編曲の「スリーダンス」だった。

4

率直な感想は、聴いている側の期待感と緊張感が、演奏する側と一致したということだった。3楽章とも性格の違うダンスで、ノリノリのリズムといい、揺れる歌い心といい、テンションの上がってゆくところなどは指揮者がいないのによくあんなに合わせるなという印象。9人のフルーティストが同じ音楽を感じていることに感動した。

帰りは先生の門下生の方達とオフ会といった感じで楽しかった。

テーブルに飾った一輪の薔薇。さっきまでの余韻を感じられて素敵。

5_2





2013年11月13日 (水)

John Cage  Sonatas and Interludes

 

昨日は、重厚な野村先生のレッスンで
自分の頭をクールダウンするのが大変だった><;

先生のあの細身から湧き出てくる、嫌、燃え盛ってるとでもいおうか。
あのエネルギーとひた向きさに敬服する。

毎回思うけれど私は何をしていたんだろうと思い知らされる。

大学のときの師匠が60歳を過ぎても月に1度はレッスンに通っていた。
そのとき言っていた言葉を思い出す。
私(わたくし)はね、こんな大きな体でもレッスンに行くと必ず小さなことでも一つは発見があるのよ。そのために行っているの。

私は小さなこと一つどころではないのだ。

音楽を聴くときの思い方が変わってくることで
作曲者の想いと自分がリンクする。
絵でも文章もそうかもしれないけど
音楽って時間の経過とともに心を共有できるから凄いと思う。
それも感情を伴って。
そこまでの思い入れで聴いて貰える曲を書かないといけないんだなと思った。

昨日のベストショット

Img_8277







2013年11月 8日 (金)

今日は快晴お天気が良かった。
からからに乾燥していて加湿器をつけるも、昼間は暑くてまた扇風機をかけたり・・・

ノリノリになりそうな曲が少しずつ進んでいる。
本当は陰鬱な曲を書いていたんだけど、それも本当は自分では好きなのよね。

同時進行。

Img_8213

夕焼けの場所、夏とは随分変わったな〜

Img_82231_2



2013年11月 6日 (水)

娘がiphone5sにして、私がiphone5を引き継いだ。
(普通、逆ですよね?)
昨日は驚きの連続。iphoneってこんな凄いの?
家の中でしか見れなかったサイトがどこにいても見れるのね。
私って遅れてる?
もうずっと前からみんなそうだったんだね。
電車に乗っている時間がこんなに短く感じるなんて。
それって良いことなのかな?
こんなに即座に欲しいものが手に入る感覚って?
効果音が凄くて、オオオ!という感じ。それにこの名刺くらいの大きさの中でなんと言う立体的な動き!こんな良いものを娘が1年以上前から使っていたなんて!


2013年11月 3日 (日)

学園祭の季節。昨日は娘の大学にビデオと写真を持って出かけたのでした。
雨が降りそうでなんとか持ちこたえた天気でした。

自分でやりたいといって始めたゴスペル。
歌ってるメンバーは凄〜く楽しそう!一緒に口ずさめないのが残念でした。私はゴスペルは知らないから。でも開拓の余地あるかも。

やっぱりなんと言っても「Joyful Joyful」でしょう。
これって第九だよね。ベートーヴェンって凄いねっていう話で盛り上がり、凄い編曲だよね。ってことで昨日撮った動画を何度も見ては浸っている娘でした。




« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »