« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

よくあることだけど

今日タクシーに乗ったときのこと。行き先を告げるといきなりUターン。なんだか知らないけれどずっと怒ってる。遠い方の高架の入り口から乗るからと言われ、”ええ?普通はこの近くの入り口から入るじゃない?”と言ったらすかさず、”高架は閉まってるから!”と来る。”じゃあ普通の道で行ってよ。”というと、”普通の道なら行かない!降りろ!上も下も凄い混んでるんだよ”と。じゃあもうしょうがないやとそのまま乗っていた。ほどなく右に曲がる。本当は右斜線にずーっと長い列を待たなくてはいけないのにその運転手は思いっきり直進してぎりぎりのところで車の頭を突っ込み割り込む。何度も痰を吐く。窓は開けっ放し。この空気の汚いのに。
私はマスク。高架に登ると何のことはない、空いてるじゃない!
運転手も空いてると呟く。ここで中国人だったらけんか売ってるんだろうけど
そのエネルギーがもったいない。しかも言葉が出て来ない。とにかく無事についてくれることだけを思いながら自分の事をやっていた。この荒い運転なのに途中で居眠り。私も慣れたもんだなと思う。

2013年1月30日 (水)

人前で発表するということ

私は歌をやっている人かと思えるほど人前で話すのは不得意。
息が上がってしまって上手く話せない。今日はそれを痛切に感じた日だった。
でも準備不足って言うのもあったけど。
初めて自分の似合う色を知ろうとカラー診断に来た人に対して分かりやすく説明するというのがテーマ。
思わず話にのめり込まれるように話していたHさん。素敵だったわ〜
また自分がどの色が似合うか、お客さんになって鏡の前に座った時、自分の顔がなんていけてないんだろうと落ち込んだ。
ブルーベースとイエローベースの色のドレープを交互に合わせてどちらがどのように似合っているか、また似合っていないかを判断。本当にイエローベースが似合わない私。オレンジが来た途端、顔が厚ぼったくぞーっとなるほど。
それがブルーベースのパープルや、灰色が来た途端、見ている人から歓声が上がるほどに変化する。鏡を見ている自分はその変化にそれほど気がつかない。
でも、自分が第三者的に診断されている人を見ていると色の変化で顔の血色、立体感の差がもの凄くよく分かる。この差はなんなんだろう。
家に帰って来て早速主人に実験台になってもらう。
恐らくブルーベースだが。またまた鏡を見ながらの判断は難しい。
これ克服できるのかな?

天気予報よりも

最近は、朝起きたら空気汚染の数値を見ることが日課になってしまった。
今朝もカーテンを開けたら真っ白!
汚染数値もやっぱり291μg(マイクログラム)

でも今日は外に出なきゃ。
連日娘の大学入試のための募集要項をgoogle翻訳なんかを頼りに訳したり調べたり。
昨日は文房具屋に買い物に行った意外はずっと家の中。

今日はレッスンとカラーの勉強。やばい!カラーの宿題やってない!

Img_0765
文房具屋に向かう道

Img_0772
今朝の外の様子  空気が綺麗だと栓抜きビル(森ビル)が見えるのに。今朝は全く見えない。

2013年1月28日 (月)

ローカルな道  巨鹿路

ずっと頼みたかった妹の絵の額縁をオーダーしに道無き道を通って額縁屋まで歩く。
道無き道とは民家の間を通ったりしているからで非常に地元色が濃い。
歩いている時は気をつけないと、通りがかりの人がつばを吐いて来たりするから・・

何ヶ月も行ってなかったネイルに行く。またここでもローカルのテレビ。
なんかだめなんだよね。中国語の連発。なんでこんなに感情の起伏が激しい?

Th_img_5054

Th_img_5055
帰って来て曲の続きを書く。

2013年1月27日 (日)

春節の飾り その2

今日は空気が綺麗だったので外に出た。
デパートや道の看板は春節の看板が並ぶ。

Img_0754

Img_0755_3

Img_0757

Img_0756_7


春節を祝う飾り付け 今年は漢字だ

迎春納福と読むのかな?
調べたら、「新春を迎えて幸せいっぱい」という風に書いてありました。

Img_0750


 

2013年1月26日 (土)

汚れた町

午前中レッスンの後、近くのアップルショップまで出かける。 パソコンのチャージャーが壊れてしまったから。 考えたらこちらに戻ってからほとんど遠出していない。 連日言われている空気の汚染が気になって。 PM2.5(大気汚染の原因物質とされている浮遊粒子状物質)専用のマスクをして出かける。 しかしチャージャーは大きなお店しか売ってないと言われ、地下鉄で二つ目の南京東路のアップルショップまで行くことに。こちらは学生はもう春節休みに入っていていつもにない気楽な表情。町もちゃんちき ちゃんちき ちゃんちゃかちゃん・・みたいな中国チックな音楽が流れて 歩行者天国の道は賑わっていた。

アップルはいつもに増して黒集りの人・・ もう必要なものだけ言って在庫を持って来てもらって店を出た。 4年前?に買ったときについていたチャージャーはもちろん日本使用だから日本のソケットだけど こちらの電源の差し込み口は二本でも三本でもさせるようになっている。私は二本のが欲しかったけど基本は三本しか無いという。ただアダプターのところに二本に差し替えられるようになっていたのでこれで日本でも使えるから良しとした。というか三本しか無いなら仕方ない。

なるべく早く帰りたくてまた地下鉄に乗った。町全体が灰色がかっていて気分もどんより・・ でもマスクをしている人をほとんど見かけなかった。たまにいるかな?くらい。 中国人の意識はそれほどではないのかな?メディアではそんなに伝えてないのかな? PM2.5の数値もアメリカの観測器のデータの半分以下で出しているデータもあるけど・・ 去年書き始めて途中だった曲の続きを新しいアイディアが浮かんで書いている。 自分で歌って自分で弾くのだから自分の声を生かせる曲にしたい。 綺麗な写真ではないけれど、今朝の外の様子。私がデータを見た中で一番数値が高かった。

Img_0746
そしてそのマスク

Img_0745

2013年1月23日 (水)

ベースカラー診断の勉強

今年2回目のfill colorの勉強。
毎回どんどん難しくなって行って理解はできるけれど自分のものにはなかなかなってゆかないのが現状。
今日は24色の色相をちゃんと切って並べて番号をちゃんと覚えなきゃ。
今日はとうとう診断士になったときに使うドレープを頂いた。
ブルーベースとイエローベースのドレープを襟元において診断するための。
宿題も出ている。ブルーベースとイエローベースの違いを初めてカラーの話を聞く人にもちゃんと分かるように説明しなくてはいけない。
自分なりに考えてみた。

パーソナルカラーを知るということは自分に似合う色を知るということです。
自分に似合う色を知ると今よりもいっそう綺麗になれます。
どんな色が似合うかは肌の色、髪の色、目の色を判断基準として主に肌の色が何ベースかによって決まってきます。
そこで出て来るのがブルーベースとイエローベース。この世の中に存在するものはすべてブルーベースかイエローベースに分けられると言われています。

それはベース(下敷き)になっている色が何色なのかによって決まってきます。

例えば朝焼けの色はイエローベース。昼間のスカッと晴れた青空と山々の峰の色などはブルーベースというように。

ブルーベースとは単なる”青”というのではなくて、青の中にも細かくブルーベースとイエローベースがあり例えば鉱物で言うとラピスの色はブルーベース、ターコイスの色はイエローベースになります。ラピスはより青に傾いているのでブルーベース、ターコイスは黄色に傾いているのでイエローベースなのです。

また同じ赤の中にもブルーベースの赤とイエローベースの赤があります。合わせる色が青みを帯びているのか、黄色みを帯びているのかで判断してゆきます。

もし、肌の色(顔の色)がブルーベースの人の場合、ファンデーションはピンクファンデーションが似合います。髪の色は黒が似合いますが、カラーリングする場合には赤みを帯びた茶色に染めるとしっくり来ます。服の色、付けるアクセサリー(シルバー系)もブルーベースで統一してゆくとしっくり来ます。ブルーベースの人の印象はシャープですっきりした印象というのが特徴です。
逆にイエローベースの人はファンデーションはオークル系が似合います。
そして茶髪がよく似合います。アクセサリーはゴールドが似合います。服の色も黄色を帯びた色がよく似合い印象としては柔らかい印象のオーラが出ます。

私の知り合いでカラーの勉強をしたことによって似合う色が分かり、美人さんが更にオオラの出る美人になり、その人に憧れてこの勉強を始めたというのがきっかけです。是非皆さん、自分の似合う色を知って綺麗になりませんか?

とまあこんな感じかな?

2013年1月21日 (月)

大気汚染

16日付けで上海領事館から上海の大気汚染が深刻だというメールが来た。
大気汚染指数を示す数値が分かるサイトを発見!

http://www.aqicn.info/?&lang=jp

これ見たら北京酷い!

土曜日の生徒は蘇州から来ているけれどお母さんも生徒さんも分厚いマスクをしていて、どうしたの?と聞いたら、日本人学校でマスク着用を言われているとのこと。
しかも外遊び禁止。
それ聞いたら恐ろしくなった。
紙のマスクではだめで、それ大気汚染専用のをタオバオ(中国のアマゾンのようなネット販売最大手)で購入したとか。

今日も常に100ug/m3

をこえてる。

http://kobe-haricure.net/health/e83.htm

このサイトを見たら100ug/m3

って言うのは、
”心臓や肺の悪い人の病状が悪化し、一般の人にも呼吸器症状があらわれる ”

空気洗浄機かけっぱなしです。家は。

2013年1月18日 (金)

春節の飾り 南京西路 

今年の春節のための飾りが目立って来た

Th_img_5037_4

去年の暮れ、クリスマスツリーのあったところにはブルガリのスネイク

Th_img_5041_3

ランチ会 インド料理 "G Water Front"

去年からの計画でインド料理の"g Water Front"でランチ会だった。
上海の楽しみの一つ。私のグルメのお友達のお勧めの店だった。
浦東までの船がでる船着き場の近くの浦西側。
目も前に並ぶたくさんの種類のインド料理。
こんなにインド料理がおいしいと思わなかった。
スープ、飲み物、その他合わせて108元のランチメニューの中では一番お高いセットにした。

Th_img_5008
Th_img_5009
本当はこの間にチキンとお魚の焼いたものがあったのに写真を撮り忘れた。

Th_img_5010
スパイシーだけど、いやな辛さじゃないとっても美味しかった。

『G Water Front』

      

住所:黄浦区外馬路601号3号庫112号室(董家渡路近く)

帰りは一人で外灘に歩き、写真を撮った。

いつ来ても絵になるな〜

Th_img_5028

2013年1月17日 (木)

佐村河内守 <HIROSHIMA>

最近話題になっていた佐村河内守の「HIROSHIMA」をずっと聴いていた。
暗い闇のなかをずっと模索しているような、叫んでいるような、自分との対話があったり、その音から何を感じるかをじっくりと味わいたくなるような音楽。
ずっと通奏低音のように保たれている音とうごめいている音が心の複雑な感情を思わせたり。長い!凄く長い。見てみれば3楽章で80分!
この曲だけで一つのコンサートが完結する長さの交響曲!
3楽章のクライマックスはむせび泣くような感情が沸いた。
そして最後は闇の中の光。
これ本物を聴きたかったな。涙が止まらないコンサートになるでしょう。
2月29日。私はこっちにいて行けない。

http://columbia.jp/samuragochi/

2013年1月16日 (水)

へろへろ

昨日ようやく無事に上海に到着。
でも年始にかかったウィルス性の胃腸炎がまたぶり返した感じでへろへろ。
昨日はやっとこさマッサージに行って食料品を買い込んできました。
今朝も娘の分の朝飯は作れたけど旦那の分は作れなかった・・
また寝込んでしまった。
今日はカラーの勉強があるからそれまでに色々やっておかないと。

2013年1月15日 (火)

大雪 飛行機欠航

朝から雨でそのうちにもの凄い雪に変わった。
自宅にタクシーを呼ぶも全く電話がかからない状態とのこと。
諦めてもの凄い雪の中を車寄せのところに、もしかしてと思って行ってみる。
幸い、一台だけタクシーが止まっていた。頼み込んで待っていてもらった。
出発するも徐行運転。反対車線ではスリップして後ろの車は立ち往生。
どんどん酷くなる。
チェックインカウンターでは受付の人は何も変わった様子はないと言っていたのに
途中から乗るべき<飛行機の遅れ>が掲示板に・・・
それからが長かった。何度か途中経過を知らせる放送が流れる。
どうやら千葉の成田の方が雪が少なかったらしく、羽田に到着するべき東方航空は成田に着陸してこちらの天候を待っているという状態だった。
それから夜も8時になった時だった。一緒のゲートで待っていた北京行きが最初に今日の便を欠航することを告げられた。一同に溜息が漏れる・・・
きっとその次は上海行きだと思ったらやっぱりそうだった・・
ふわ〜〜〜
そして欠航のアナウンスの後も実は相当長かった。手続きまでの時間も待たされ、いつも出国のところのゲートを逆まわりで通り出口へ。
出口は人人人・・・
ごった返していた。ここで一夜を明かす人もいるんだなと思った。
娘と京浜急行に乗って帰るとき言っていたけど、これ震災のときもっと大変だったよね。電車は止まってる、しかも家族と連絡できない、寒い、不安・・・
私たちまだ雪でよかったよって。
きれいにした部屋に戻って、ぞ〜〜〜〜っと疲れが・・・
明日は10時半発。8時半発が10時半で良かった。明日は飛んでくれ〜〜〜〜〜〜

Th_img_4954

Th_img_4956

実は午前中も用があって電車に乗っていたのでした・・・

2013年1月14日 (月)

上海の友達は年末年始はとても寒かったと言っていたけど
今日戻ります。
持てる限りの荷物を詰め込んだつもりだけど、いつもスペースが足りなくて入らないものがあるね〜
それがスリッパだったりするわけで向こうでも買えるから良しとするか・・
今回は絶対に録音機材とマイクは持って行かなきゃ。

Img_4909

Th_img_4908

Img_4910

2013年1月13日 (日)

今朝 日の出前 6時半の空の色
素晴らしかった!

Th_img_4829

広角レンズで撮ったらこんな違うのね

Th_img_4832
両端が歪む絵

2013年1月11日 (金)

しばしダウン

いろいろ重なって体を壊してました。
病院で処方された薬が徐々に効いて来たのか夕方から復活。
またピアノに向かっています。
ネットで頼んでいたCDも来たし、上海に持ち帰る食料品も買い込んでダンボールに詰めいよいよ帰り支度。
この生活がいつまで続くんだろう。いいこともあるし悪いこともあるな〜
比べるものがあるから日本をもっと良い国に思えるという意味では海外に住むのも悪くない。

2013年1月 8日 (火)

レッスン

朝のラッシュ時、サラリーマンたちは殺気立って会社に向かう中を
電車に乗った。久しぶりの野村先生のレッスン。
オーケストレーションのレッスンは盛りだくさんの内容で
しかもすべてが目からうろこで楽しかった。
鉛筆描きの絵がカラーで立体になって動いているくらいの凄さがあった。
先生がそれを発見できているということが凄かったのだとも思った。
美味しかったお料理のレシピを知りたくなるような気持ちで曲を聴く事になりそう。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »