« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

ベースカラー診断士養成講座

 今日からカラーのお教室はプロコースになった。
今まで感覚で判断していた色を理論的に学んでいくもの。
部屋に入ると、私以外の生徒さんは全員イエローベース!うひゃ〜
もうこのコースまで来ると自分の似合う色をほぼ分かっているので皆さん自分を引き立てる色を来ている。
私一人ブルーベースだ。
今日は24色の色相環すべての色の名前を覚える覚え方。
最初ええ?無理でしょと思ったが、覚えるこつを教わるといとも簡単(超簡単ではないが)に覚えられることを知った。
先ずは時計の文字盤で黄色が12時。時計回りに漢字一つでかける色が先生曰く親分2番の赤、8番の黄色、12番の緑、17、18番の青、22番の紫。
この数字の覚え方も年齢で覚える。2歳の赤ちゃん、8歳のやんちゃな黄色、ちょっと落ち着いた12歳の緑、青春してる17、18歳、大人の紫22歳。
という風に。でも自分の思っていた色がずれている。
赤と思っていたのは実は紫みの赤とか、緑と思っていたのが青みの緑で本当の緑は黄緑に近い。
ここからが凄い。その親分を中心に、左右が子分。子分は親分の名前を持つが隣の親分寄りの名前を持つ。例えば8番の黄色の右隣は、緑みの黄、左隣は赤みの黄。という風に。変則は青が17、18と二つあること、緑と青のはさまれた青緑も二つあるということ。
目を慣らすという意味で今も24色を自分で並べて、その色を当てっこする。
今回からは最後が試験もあることからか、それぞれ追求する気持ち満々。
非常に興味深い。
微妙な色も青みを帯びているのか(ブルーベース)黄みを帯びているのか(イエローベース)判断の仕方が前より分かって来た。
自然界のものはすべてブルーベースかイエローベースに分けることが出来るって言うことも凄いと思った。

Img_0674

2012年11月27日 (火)

ふじの会ランチ会

今朝はくるくるとよく働いて、試験勉強のため休んでいる娘のためにもお昼ご飯まで用意して、やっと9時から練習を始められた。家を出る前の約1時間の間に何回か電話が鳴ってそれに対応し、Mさんの車で今日のランチ会場まで。
行くとお掃除やらテーブルセッティングやらをやっていていた。
すぐに音だし。いつも大きな花瓶に一杯お花が飾ってあるが今日はそれが無かった。
と、オーナーのVivianさん、即クリスマスツリーを作らせる。あっという間にクリスマスの雰囲気に。外国籍のご主人を持つ、日本人奥さんの集まり。話はいつも
楽しい。
私たちの演奏も順調に運んだ。(1,Amazing grace  2,金髪のジェニー 3,O holy night.)皆さんから温かいお言葉を頂いて、お料理も完璧!今年を締めくくる素敵なランチ会だったと言われ、大満足。
一番感動してくれたのは台湾人オーナーかもしれない。もし機会があればここで演奏して欲しいと言われた。クリスマスイヴにはここでいつもパーティーらしく、私もMさんも日本に帰ってこちらにいないことを言うととても残念がっていた。
いたら演奏をということだった。

終わった後私だけ残り、このピアノを使わせて頂いて、新曲のための録画録り。
昨日と今日のでなんとか良いPVになることを祈る。

Img_0667

2012年11月26日 (月)

昨日今日と、音楽院横の楽器屋の練習室に通う。
仕方ない。受験生がいるので家では音は出せない。
しかもまた明日も休んで試験勉強をすると言っている。
朝だけはやらせてもらえないと困る。明日はランチ会で歌わなくてはだから。
数年前に買ったビデオが家にあることが判明。すっかり忘れていた。
軽くて持ち運び便利。今日は三脚とビデオで撮影。
昨日は服と髪型が気に入らなくてすべてボツ。
今日は要領を得たので、ホール入り口のガラスは白い紙を張り、見えないように。
外から入れるガラスのドアには鍵をかけカーテンをして見えないように。
よーいドンで1時間みっちり。今日はうまくいった。
その他にも明日の練習。歌は本当に歌う場所で響きを利用できるところとそうでないところが明暗を分けるので明日の場所はどうかな?
下が大理石だったから響くといいけど。
昨日今日は雨。
昨日は帰りにのったタクシーの運転手が一つの赤信号を待てずに右に曲がったことから(中国は右側通行で赤信号でも右折可)もの凄く遠回りされ、さすがの私も怒って途中でタクシーを降りた。昨日は雨なのにマイクスタンドとカメラ、パソコンまで持っていてしかもよく分からないところで下りたので方向は間違っていないという確信はあって歩いていたがこの国のどうしようもない部分をもう泣くにも泣けず、道路に向かって叫んでいた!
もの凄い苦労してこの曲を録っている事になるけれど仕方ない。この道を辿らないとゴールまでいけない。後一歩!!!
もう録音は完成!!!
完成としたっ!!!

2012年11月23日 (金)

色々充実してた

昨日は午前中一人レッスン。
今朝は自分も発声をしてから生徒を教えたからそういう時は生徒も声が伸びる。
結局私次第なのか。
昼過ぎからはMさん宅でヴァイオリンとの合わせ。
なんだか気合いが入らなくて「雪の華」のヴァイオリンパートの旋律を書くのがギリギリになってしまった。でもなんとかパート譜を印刷してMさんに渡す。
これはポピュラーっぽく歌おうと合わせると、もっと出していいのでは?というMさんの意見。朗々と歌ってみる。少し良いと思われる。
ヴァイオリンパートはなんとか無難という感じだけど、なんか花がないな〜という感じ。歌と同じできっと気持ちよく響く音程って凄くあるのにそれを使ってあげていなかったんだろうな。
ほどなく、ヴァイオリン曲「金髪のジェニー」フォスターの郷愁をそそる曲。
ヴァイオリンとはいっしょに歌ってあげて更に相手を聞く余裕が無いとだめなのに
今の段階は自分のピアノでいっぱいだったな〜
もう少し練習しなくちゃ。
そして持ち寄った「Amazing Grace」アルトパートをヴァイオリンで弾いてもらうが、結局私のソロになった。こっちのほうが「雪の華」よりずっと声が出る。
ポピュラーの場合音をレガートにするのが難しいし、そうするとオペラチックに聞こえてちょっと異質な感じになってしまうのよね。
雪の華は取りやめに。よかった〜(内心)
そしてメインは「O holy night」これは去年も合わせているしなかなか良いよ〜
と自分でも思う。一昨日やったカラーの勉強でI am OK,You are OK.の精神だよね。先ず自分が良いと思わなければ絶対人も良いと思わないもん。
久しぶり気持ちよく歌えた。
これだから楽しいのよね〜
雨がよく降る中、月曜日のランチ会の会場へ。
どーんとグランドピアノが置いてある。
予算的なこともあり、調律なしでやることに。仕方ない。
でもきっとうまくいくと思った。

今タクシーに乗れたという電話の後、娘がなかなか戻らなかった。
多分雨で道が込んでいるのだろうと想像した。案の定携帯もパワーオフ。
電池切れだろう。あまりに車が進まないので途中から歩いて帰って来たと言っていた。昨日はテストですべてを使い尽くし、意気消沈していた。

私は夜9時頃からまた復活。
絶対録音録っちゃわなきゃ。の気持ちで、昨日まではピアノとストリングスを録ってあったけど、今日は金管楽器と、ハープ、コーラスをなんとか録り終えた!!!
よっしゃー!という感じ。後はこのオケカラオケを聞きながら、歌を録るだけ!
今日中に仕上げたい。

2012年11月21日 (水)

fill color 中級最後のレッスン

今日はフルに予定が詰まっていた。 朝はピアノのレッスン。今日は雨の中、長靴を履いて浦東からレッスンに来て下さった。感謝。私も頑張ろう!
昨日買ったミキサーが必要なかったことが分かり、お恥ずかしいが返品に行った。
昨日の店長さんはいらっしゃらなかったが、またまた素晴らしい店員さんとの出会いがあった。私の知りたいことをすらすらとまた丁寧に教えてくれる。ジャンルは違うけれど目指しているものは同じなのだ。相当なマニア。お宅の話になるので・・・というがそこを知らないと私のやりたいことは実現されて行かない。
もう午後はカラーの勉強があったのでもっともっと知りたかったが石橋楽器を後にした。今日は本当に道が込んでいて高架が込んでいてタクシーの運転手はすぐに下の道に下りてしまう。そのお陰で少し遅刻。でも今日は絶対に外せない授業。
心理テストで中級を締めくくる。fill color上海の創設者高田先生は、人を惹き付ける力がある女性。いくつかの質問に○、△、×で答えて点数を足し、グラフにして自分を知るというもの。非常に面白く、帰ってから即娘にもやってみた。
驚くことに、大人度(Adult)が私よりもずっと点数が高い。その代わり、母性本能は私の方が高い。でも父親的本能は娘の方が高い。これって・・?
帰って来た主人にもやってみる。だいたい思ったような性格判断が出る。
面白い。
色の勉強は色を合わせてみて自分を判断し、より良い自分を見いだすことをしているけど、自分の心の中はこうやって質疑応答してデータをまとめて判断してゆくしか無いのだ。このまま終わりたくないので、次のクラスにも(一応プロクラスベーシック)進みたい。

高田先生の言われた言葉で興味深かったのは、人という字は人と人が支え合っている字だけど、この二人の関係は斜めでどちらかがぐらつくと関係は崩れる。
でも一人ずつが独立して、アルファベットのI(アイ)の字が二つ並び、その二人が手を繋ぐことによって同じ方向を向いていれば良い関係は保たれると。つまり、Hという字の関係が良い関係ということ。
なるほどと思った。一人一人が独立して手をつないでいる関係。それを目指そう。

2012年11月20日 (火)

時間を作って

昨日はほぼ一日録音のために費やした。といっても、先ずはリズム録り。次にピアノ。そしてそれに合わせてボーカル。なんテイク録っても気に入ったものはなかなか弾けない。でももう時間切れと緊張感がもたない。何十回弾いたかな?とにかく時間切れになったのはお掃除が入ってから。ピンポーンの音も無視しないと途中で切れちゃうから。でも彼女たちは鍵を持っているから勝手に入ってくる。ヘッドホンをしてやっていたけれどやっぱり諦めざるを得なかった。彼女たちが掃除している間ヘッドホンでさっきのテイクを聞く。そのあと歌を録る。やっとこさ咳は出なくなったものの深く早く吸い込むとまた痰が絡む。その辺を微妙に調節しながら発声して歌。高い方はフルでは出ないけど悪くない。昨日は娘が友達を連れて帰って来てすぐ家庭教師が来たのでそれまでにすべて終わらせておかないといけない。
約1時間歌を録って。歌は8テイク。その中から選ぶことにする。
こうなるとやっぱり楽譜に打ったものを演奏させる方がいろいろテンポやアーティキュレーションを入れないといけないにしても楽なんだな。
でもそれは避けたい。電子音でも弾いたものを重ねて行きたい。
今月中に何とかなるかな。でも月曜日は小さいけど本番あるし。これからカラーの勉強。

2012年11月18日 (日)

TOEFLの会場へ

今日は娘のTOEFLの試験。初めて上海で受けたのだが、その付き添いで出かけた。場所は上海市の北の果て上海大学内。9時半集合のために朝は8時過ぎには家を出て、車に乗って約40分以上。
高層ビルの建ち並ぶ上海市を抜けて、全くのローカル(それ以上にローカル)な場所。近くには工場が多いせいか、空気が淀んでいる。車を降りた瞬間!何?この匂い!凄く化学的な臭い匂いがして思わずハンカチを鼻に当てた。
何百人という人数の学生たちが試験会場にごった返していた。
一つの教室に60人!!!という大人数は入って試験だったのだそうだ。
日本では考えられない。
日本では試験会場はちゃんとしたブースになっていて、一つの部屋に少人数で入る。しかも部屋は防音室のように、分厚いドア。
こちらは、隣の敷居もぺらぺらの発泡スチロールだったそうだ。
椅子も背もたれの無いただの四角い木の椅子。眠くならなくて良かったと笑っていたが。
荷物も日本では別の部屋があってローカーにいれ、鍵をかける。
上海は、とある机の上にただ置くだけ。

約3時間半の試験を待つ間、私と主人は今度は遠く東へ向かい黄浦江近くの布市場へ。母に頼まれた帽子を作るためと、私のこの冬のコートをオーダーに行った。
目の前で日本人の奥さんとそのお母さんらしき人が同じようなポンチョ式コートを1200元で頼んで行った。その後私のコートの値段はやはり1200元から始まる。交渉の結果、結局900元で折り合いがついた。
来週土曜日に仕上がる。

Dsc04951
上海大学では菊の花でいろいろなものを型どったフェスティバルをしていた

Dsc04964_2
ちょうどその前で太極拳を披露していた。

2012年11月16日 (金)

ほぼ完成!

今書いている曲のストリングスと、フリューゲルホルン、ハープの録音が今日一日でずんずん進んだ。ずーっと前に買ったカシオのエレピがこんなことが出来るって知っていながらなかなか実現しなかった。これも生ピアノで録音を録る場所が無いからこうせざるを得なかった。生ピアノが無くてもここまでできるんだということが分かった。こういう音を聴いていると、「もののけ姫」の歌もこんな電子音の伴奏だったっけな?と思って聞いてみた。とっても楽しい作業。後は、エフェクトの種類を研究。でも、あんまり冒険はできないんだよね。細かくもう少し調整効かないとガレージバンドは今後使えないかな?全体のfade in fade out はできるけど
各楽器ごとの調整はできないのかな?それができたら完璧なんだけど。

今度、中島美香の「雪の華」を3度上げて歌う事になっていてそのコードがすぐ読めない!! なぜかってG#m7(b5)とか書いてあってG#m7がマイナーの音に聞こえないんだよね。感覚的に。なるべく和音を書かないで1段譜とコードだけで弾き語りできるようになりたいのに。パッと弾けないところは音符書いておくしかないね。

2012年11月12日 (月)

上海ストリングス

今朝は早くに娘に叩き起こされ(いつもは逆)学校の単位を取るために歴史建造物を一緒に見て回って欲しいというのでカメラ片手に出かける。
いつも通っていて何度か来ていたけれど、また訪れても楽しかった。
今日行ったのは、エリック モーラーの邸宅。
英国籍ユダヤ人エリックマーラーの私邸。モーラーの娘が、夢で見たおとぎの世界に出てくるようなお城のおうちに住みたい!
という娘の夢をモデルに、建築に約10年近い歳月をかけて造られたそうです。

Th_img_1859
そして歩いてまたしばらくいったところに毛沢東の旧家があります。

意外にも娘が貴州に行った時と同じ石畳に反応していた。電気も暗い、太陽とともに起きて農作業をしていたあの貴州に行きたいと言うのが不思議だった。
いろいろなことに縛られたくないというのが彼女の気持ちだった。

Th_img_1880_3
Th_img_1878
古い椅子の背もたれがマリアとイエスみたい

今日はヴァイオリンのMさんに誘われて初めて上海ストリングスを聴きに行った。
3ヶ月も前に予約していた会場がたった3日前にキャンセルになり、いきなり場所が変わった。考えられないことがここでは起こる。
演劇を見るような会場だったけどそれでも楽しめた。
プログラムは
コレッリの「クリスマス協奏曲」
Sound of musicのメドレー
休憩をはさんで
バルトークのルーマニア民族舞曲
バッハのブランデンブルク協奏曲第5番だった。

皆さんお仕事されながらここまで仕上げて来るのは素晴らしいと思った。
それぞれに一生懸命なのが伝わって来た。
何より最後のブランデンブルクのフルーティストMr.Ishidaはぴか一!
去年の12月もヴァイオリンのMさん率いるクアルテットとMr.Ishidaのフルートを聞いていたのでまた上手になってる!と即思った。
終わってから挨拶に行って、私の曲を吹いて下さい。とお願いしたら、凄く喜んでいた!これはやらなければ。と思っていたら全然眠れなくなってしまった。
それに今日は外に出ていた時間が長かったせいか、マスクも付けずに歩いてしまってかまた咳が止まらない。
昔のフィナーレのフルートの曲を聴いてみると、よく頑張ってるなという感じ。
でも未完成なんだよな。このときはここまでしか書けなかったんだろうな。

Dsc04947

2012年11月11日 (日)

色々感動!

昨日は約5ヶ月ぶりに出逢ったメンバーでの女子会でした。
フカヒレ専門店での楽しいひと時だった。
さすが日本人のクチコミの凄さ。女子会の中で私が今どうしても必要なオーディオインターフェイスがなんと!あの石橋楽器が上海にお店を出しているというではないか!!帰ってからすぐ調べてすぐ在庫を見てもらい発注してもらうことに。
どんな大きな電気街にいっても見つからなかったものが、日本人のしかももの凄く丁寧な説明とともに今日手に入った!!!
もうあの空間だけ日本♡という感じ。
なんて素晴らしいサービスだろう。もう考えられないサービス。これはどの国にも誇っていいと思った。最後に名刺もくれて何かあったらいつでもご連絡下さい。とかいってくれるともう本当に涙が出そう。

そしてそしてその前は久しぶりのソルフェのレッスン。蘇州から来てくれてる。
やっぱりあのデモの時はもの凄い事になっていて日本人アパートに住んではいけなくて3日間ホテル住まいだったんだって〜〜!
しかもそのホテルに殴り込みに来た人もいて!!
目の前でその光景を見たとか。本当に凄かったみたい。良かったこうやってレッスンに来れて。

今日はこの次のランチ会の幹事もあるし、夜は主人とまたフカヒレのお店へ。
でも私は違うものを注文。
味もきめの細かさもサービスの子たちもよく教育されていて二十丸!!

と、珍しく主人がバーに連れて行ってくれた。
Jzclub。ここは前から知ってはいたけど入るのは初めて。
古い老房子で歴史を感じる。なんか誰もステージの上をきちんと片付けてないよね?っていうような感じがしたけど。でも今日のパフォーマンスはチベット族の美女の歌い手とギターのデュオ。瞑想の世界に入って行けそうな歌い方でずっとヨガの座り方。凄く良いと思った。狭い、古い店内は凄い人数の人が入っていた。
8時半から約1時間のステージと11時からも交代で他のジャズの人が演奏する様だった。私たちは一部で帰って来たが。

とっても充実した一日だった。

Dsc04887
フカヒレ専門店「京翅坊」店内。グランドピアノがあったので次のランチ会の会場をここに決めた。でもピアノが酷い。調律しないとヴァイオリンのMさんはきっと弾いてくれない。

Dsc04896
Jzclubの入り口。何とも風情ある〜

Dsc04926_2
歌う美女はYanggima
http://site.douban.com/cirenyangjima/

2012年11月 8日 (木)

森ビルからの景色

上海の森ビルの93階の展望の良いスカイレストランでランチ。
あまりの高さにちょっと足がすくむが、空気の汚さ(?)で曇っていて全体に灰色。

高層ビルの先端が手に取れる様 右側のビルは金茂大厦(グランドハイアット)

Th_img_1845_2

Th_img_1846

Th_img_1849

2012年11月 6日 (火)

似合う色診断〜その2〜

今日は似合う色診の2回目。
ベージュ、ブルー、ブラウン、ホワイトと微妙な色も入ってくる。
どうしても私はブルーベースなのだが、薄い色に関しては冷たい感じのするパステルカラーが似合うということを知った。
自分の似合う色を並べてみると、どれも好きな色ばかり。
今日はWinterカラーの見本の布を購入した。これをバッグに入れておいて洋服選びをしたらもっと色のことをはっきり知ることが出来るだろう。

Img_0632

Img_0630
上2枚の写真はWinter color。
私が苦手なAutumn colorは歌舞伎町の色合い。Springは柔らかい春の色み。
見ているだけで心が和む。

Img_0629_2
ぼけぼけになってしまったけど、上がautumn color

Img_0628
↑この写真の上がWinter 下がSpring

今日はヤマハさんに行ってケーブルと、ミキサーを借りた。約5年ぶりにお会いした店長さん、相変わらずだった。色々説明を聞いて帰ろうと思ったが、今日は凄く寒いのに、コートを着ないででて来てしまい、思わずマックへ。
こっちのセットってハンバーガー、ポテト、飲み物がついて15元。(180円くらい)やっぱり日本より安いよね?というか日本でもこっちでも忘れるほどマックに行ってなかった。ここで一番好きなのは、タロイモパイ。日本では食べられない。1つで6元、2つで9元。それは二つ買うでしょ。一つはお土産。

Img_0636_2

2012年11月 5日 (月)

録音事情

今回、上海に来るときに録音機材をもって来なかったことで色んな壁にぶち当たっている。
リズムが全くの一定ではないから、同じModeratoの中で微妙にテンポが動いている。それを全部の小節をメトロノームの数字に置き換える。
そのあと、微妙に変えたテンポの中で何度も確認して決定。
カチカチっというメトロノーム音を聞きながら、先ずピアノだけを録る。
その上に歌を多重録音。

ここまでの作業を日本で自宅ですべてできていた。

でもここにいるとすべてが出来ない。録音機材の問題もあるし、ピアノの問題も。

昨日まででテンポのことがやっと解決した。フィナーレを駆使してなんとかここまで来た。後はうちのカシオのエレピがwindows使用なので、コンピュータにデータが入らないというまた壁にぶち当たってる。

なんとかしたい。今日中に解決策が見つかるかな?

だったら、弾き語りでよーいドンで録れば?と思うが。

弾き語りで録るとどうしてもテンポが早まってしまう悪い癖があるから。
あとは思い切り歌えないことも。弾き語りは苦手なんです。本当は。

今朝は最高の朝の空だった。

空気は相変わらずUnhealthyだけど。

Th_img_1821

2012年11月 1日 (木)

似合う色診断〜その1〜

パーソナルカラーの授業。今回と次回は外せない2回。
それは個人個人自分の似合う色を先生に診断して頂くから。
初級ではブルーベースと、イエローベースの大きく2つに分けたうち
私はブルーベース。ということは分かっていた。
今回はサマー、オータム、スプリング、ウィンターの順で①ピンク②赤③黄色④緑
それぞれの色が4色ずつある。

で4シーズンの中の色でどれが一番似合うかを診断。真っ白なエプロンをしてその上に4色の布を当てていき、顔の色、目の輝き、顔の輪郭、唇の色、髪の色などがどう変化するかを見てゆく。

ブルー系はサマーとウィンター。イエロー系はスプリングとオータム。

ブルーとイエローで分ける時もそうだったが、私が一番似合わない色はオータム系で、ピンク色のオータム、つまりサーモンピンクの布を首まわりにかけると、もの凄く顔が老ける。それが最後のウィンターのピンク、つまりショッキングピンクの布になると、グッと目鼻立ちが際立つ。
やはり予想通り私の似合う色はウィンターという事になった。

次回も違った色で診断。ここからが楽しい。

イエローベースの似合う人は似合う色を着るとオオラが見えるように美しくなる。
それも羨ましいのだが。ブルーベースの私ははっきりした色、またパステルカラーは白に蛍光色をちょっと混ぜたようなパステルが似合うそうだ。
赤系統の色などほとんど違いの分からない色だが、青みを感じるか、黄色みを感じるかたくさん見ていたら分かるようになるのかな。

20121101_1401_2

この表の左からサマー、オータム、スプリング、ウインターとなっている。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »