« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

fill color 中級

カラーの勉強も今週から中級になった。
中級の最初はカラーの勉強であるにもかかわらず、”人間関係が良くなるコミュニケーション学”なるものだった。
人間関係をよくする10の方法として
 1、相手の名前を覚える
 2、相手に誠実な関心を寄せる
 3、聴き手にまわる
 4、笑顔で接する
 5、相手の関心を見抜き、話題にする
 6、相手の長所を見つける
 7、心から褒める
 8、常に感謝の気持ちを伝える
 9、相手の立場に立つ
10、相手の誤りを指摘しない

不得意なものあり、あまりできていないところもありだったけど
日頃から意識することで改善してゆくんだろうなと思った。

そういえば先日の婦人会で隣に座った総経理はさすがこの10項目をほどなくこなし、話題に事欠かなくて場を盛り上げるのが非常に上手かった。
そして、会社の面接官も長年勤めているが性格が明るくても暗くても
話のできる人とでないと一緒に仕事はできないと言っていた。
高学歴であってもそれだけで話が出来ない人は採用しないと言っていた。

今日勉強したことはとてもためになったがそれらも本当の真心あっての方法なのだと思った。
前借りた「そうだ、村上さんに聞いてみよう」の本の中にモテル男の条件として
1、相手の話をよく聞く
2、良いところを褒める
3、美味しいものをおごる
というのがあったけど、フムフムと思ってしまった。

昨日一日、曲を書いていた。

6月にふさわしい曲とならんことを・・・

2012年6月25日 (月)

Farewell Japan

14:30発の東方航空が遅れて16:00発になった。
お陰で空港内をぐるぐる回って観光出来たんだけど。
今回の帰国は盛りだくさん。音楽を思いっきりやった気がする。
また明日からいつもの上海生活が始まる。
日本はとっても涼しいけど上海はどうかな?
羽田空港はどこでもwifiが繋がる訳ではない。
ここ飛行機を待つゲートはさすがに繋がった。
日本でお世話になった皆さんありがとう!
しばらくお別れですが、また充電して夏に戻ってきま〜す!!

2012年6月22日 (金)

約半年ぶりの野村先生のレッスン。
毎回行って思うのは頭が整理されること。
そして大作曲家の曲が本当に素晴らしく聞こえて来ること。
今私がやらなくてはいけないことはたくさんあるけれど、
自分の中で最高の曲を書くこと。
そしてそれをきちんとした形で楽譜に残すこと。
曲をちゃんと聴くこと。
旋律が聞こえて来なければ書けないということ。
自分の足りないところを分かってそれを補ってゆくこと。
他の人のことを例に挙げてそれは私に言っているのだなと思った。
それはいつも自分も感じていることだった。
志さえあれば書ける。

今朝はとっても可愛らしいメロディーが浮かんで目が覚めた。
さっき書き留めたところ。
浮かんだ時の方が可愛く聞こえたけどな。

2012年6月19日 (火)

充足感

今回の帰国の大きなイヴェント。

お寺コンサートと、もうひとつ。

それはNaokoさんの新曲3曲の合わせと録音を録る事だった。
なにより私は彼女と会えることが楽しみだった。

今回は彼女の新曲以外に、
ポピュラーソングを事前にPDFで送ってあって
彼女が編曲してくれた伴奏に合わせて歌えるというダブルで楽しみだった。
歌いながら"にやっ"とするような彼女独自の和音の持って行き方に関心した。

音源がこちらのブログはアップ出来なくて残念。

Dsc04563
Naokoさん宅 お庭から



2012年6月11日 (月)

紫陽花

家の近くで今紫陽花が一番綺麗な季節

Img_0358

2012年6月10日 (日)

素晴らしいひと時 ”光明寺お寺コンサート”

雨がよく降る中、光明寺の緑は3月に来た時よりもより深く趣を携えて私たちを待っていた。
昨日の夜心に思ったのは、愛のあるコンサートにしようという事。
私の思う”歌”を愛を持って表現しようと。
毎日歌ってきて普段は一度温めた声を何度も冷ましては温めと言う事はほとんどしない。
でも本番の時はそれを何度もしなくてはいけない。
今日はそれだった。
とにかく基本的な支えを絶対に思わなくてはいけないし
気持ちだけ走ってもいけない。
すべてがパッとうまくいく瞬間を忘れないように、感動を持って自分が思う事。
そのことを念じて歌った。
自分としては前半はもっとできたなと心で思っていた。
後半のアンサンブルはよくヴァイオリンの音も聴けたし、自分も楽しめた。

Summertimeの最後の音が終わった瞬間、よっしゃ!と思った。
歌い切ったなと思った。

今日は幸せな一日だった。
本当に一線で活躍されている方々と共演出来て、音楽に対する真摯な気持ちを目の当たりにして勉強させて頂いた。

雨の中おいで下さった方々に感謝したいと思います。
ありがとうございました。

2012年6月 7日 (木)

より深く

今日は伴奏合わせ。
時間も限られた中での合わせなので無駄はしていられない。
今日はMitokoさんも一緒だったので先ずは3人の合わせから。
私の息と、ピアノの合わないところを鋭く突っ込まれる。
そして、呼吸の仕方でピアニストも呼吸をしていて実はそれが次のテンポの暗示だったという事。
物語が語りだけのものから一気に立体的になった。
本番が楽しみ。
やれる事はやった。
今日は非常に充実していた。
楽しかった。

あたりまえの幸せ

最終便のスカイライナーに乗って久々の帰国。
気温16度って言ってたけどとっても寒く感じた。
上海ではもう靴下をはかない生活になっていたからサンダルで失敗したかな?
途中、スカイツリーが凛とした空気に映えて綺麗だった。
本当に空気が綺麗なんだな。夜でもライトでビルが綺麗に見えるもの。

ドーッと疲れが。。。
今朝になってセブンイレブンへ。
いつも思うけれど、日本ってなんて発達した国だろう。
ちゃんと1回分に分かれてパッキングされてるしらす干し!
塩分何パーセントの表示がちゃんと出ているぬか漬け。
そして、ひとつずつ買える温泉たまご。
レンジで2分で食べられる炊きたてご飯。
そして梅こんぶ茶。
私が食べたかったのはそういうもの。
どんなに高級レストランより純和食がいい。
何より、やっぱり家の中が静か。
大量にたまっている郵便物を整理して、
今日は伴奏者の家で伴奏合わせ。
これまでやってきたことを今度はピアノと共に作る。

2012年6月 6日 (水)

雲が流れてた

今日はいい出逢いがあった。
練習室にいく前にコーヒーショップに立ち寄った時の事。
店員さんが、“ほら、日本人太太(奥さん)だよ!あなたに紹介する。”と。
音楽院の進修生(聴講生)をやっているという。
私と同じ歳。お子さんも同じ歳。
彼女は日本の音大ピアノ科出身。伴奏には詳しい。
二胡を習っていた。
すぐに意気投合して話した。

もう明日は日本。
今日の空はとっても魅力的だった。
久しぶりにこんな空を見た。
雲が流れていた。

Img_0350

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »