« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

GW のある日

中国では先週の土曜日は出勤で日曜日から3連休。
今日はGW二日目。
いつも行けない家族でのランチも久しぶりに果たせたし
時間に追われない快適なGW。
しかし家にはいつも誰かしかいていつものように自由に音が出せない。
今日は久しぶりに音楽院横の練習室に行った。
いつも思うけれど中国語をもっと上手く話すには中国語しか話せない中国人の友達を持つのが一番だろう。
コーヒー屋の店員さんもアクセサリー屋の女の子も人懐っこくて
いっぱい喋ってくるけど”???”何を言ってるのかだいたい分かるけど頭の中はいつも”Guess"
利害関係なくても付き合ってくれるかな?お昼くらいおごったらきっと会話の勉強させてくれるだろう。
アクセサリーやの女の子は今年になってスカートを10何着買った。私はズボンを持っていない。といっていた。
売られている服を彼女自身がいろいろ評価しているけど
実際その時が通り過ぎると頭の中にはなんにも残っていない。

残っているのはその時推測した”日本語”だけ。

その時にちゃんと文字にして書いてもらって自分で辞書を引けばまだ残るかもしれない。学校に行くよりその方がよっぽど実践的だろうな。
今日は6時から娘の家庭教師が来るからそれまでに戻らなくてはいけなかったが
今度少し時間のあるとき喋るためにあの店に行ってみよう。


2012年4月25日 (水)

fill color 2回目

月曜のカラーの授業は”色と食と肌の関わり”だった。

似合ういろはないで決まるか?
→1、肌の色 2、目の色 3、髪の色

肌の色はどうやって決まるの?
Ⅰ、ヘモグロビン(赤、青)
2、メラニン(茶)
3、カロテン(黄)

食生活を振り返ろう

5色のバランス
赤:肉類(攻撃的になりやすい)
青:野菜類(葉もの)(穏やか)
黄:根菜類(体を温める)
白:発酵食品(免疫力が付く)
黒:海草類(体にミネラルを与える)

これらをバランスよく食べる

陽性、陰性の体質を知る
13項目の診断質問
1、まぶたの色は赤っぽい  白っぽい
2、基礎体温は高くて暑がり 低くて寒がり
3、血圧が高め       低め
4、顔色の血色が良い    青白い
5、声が大きい       小さい
6、おしゃべりが好き    好まない
7、せっかち        慎重派
8、社交的         内向的
9、疲れにくくタフ     執念深い
10、自己表現が積極的   控えめ
11、洋服は派手好き    控えめが好き
12、食欲が旺盛、大食   小食
13、便が硬い       柔らかい 

左側と右側どちらの数が多いかで体質を見る
左は陽体質、右は陰体質

陽体質の特徴

男性的、スポーツはジム、テニスなどが好き
大まかな食事は動物性
根菜類は陽体質
調味料は塩、醤油、みそ
紅茶

陰体質の特徴

女性的、体を緩めるスポーツ(ヨガ)が好き

食事は植物性を好む
野菜は葉もの
砂糖、みりん、酢、酒、コーヒー

血液型 人類の進化

BC4万年前    クロマニヨン人 狩猟民族(肉の消化力が強い)  O型
BC2万5千年前  アジア    農耕民族(米、野菜の消化力が強い)A型
BC1万年前    ヒマラヤ山脈 遊牧民族(乳製品の消化力が強い) B型
AD800年    異人種の交流 新しい民族            AB型

血液には祖先の遺伝子が組み込まれているなんて

2012年4月23日 (月)

七宝小旅行

前から興味の有った中国伝統の皮影劇を見に七宝までやって来た。
一緒に行ったのは前回の駐在時にお世話になったK夫人。
彼女は歩くナビゲーターと言えるほど上海の地図を熟知していて
どこまでも歩いてゆける人。この日はトータル14000歩を歩いた。
もちろん七宝までは地下鉄で行ったけど。

七宝は今住んでいる最寄り駅「静安寺」から地下鉄で40分くらい。
意外にも近かった。上海近郊の古い町という感じ。
この皮影劇は動物の皮に色をつけて磨りガラスの後ろから光を当てて操る人形劇。
1時の開演10分前に来ればいいよというチケット売りのおじさんの言う通り
10分前にきてみたら、もうすでに席は一番前の横っちょから見る席しか空いていなかった。それでもかぶりつきの席。
ドラや、琵琶、笛の生音が裏から聞こえる。そして男の人の語りで人形が一人から複数出てくる。
普通話でもなし、上海語でもない方言で何を言っているかさっぱり分からなかった。でも、この間見た昆劇と同じような四七抜き音階の親しみやすい中国らしい音を楽しんだ。

Img_0001

七宝の町の中央を流れる川。とっても綺麗とは言えないけれど船頭さんが漕いでくれる船は気もちよさそうだった。今度来たら乗ってみよう。

Dsc04239

影絵劇の開演午後1時まで結構時間があったのでその辺をぶらぶらしてみることにした。
眼鏡をかけて笑いかけている像が目に入り、入ってみる事に。
張充仁(1907〜1998)(ジャン・チョンレン)記念館だった。彼は現代中国彫塑の芸術家でベルギーのマンガ「タンタンの冒険旅行」のキャラクター、チャンのモデルになった人。へ〜
タンタンの作者エルジュ氏とは生涯の親友。張充仁作のエルジュ氏の上半身の彫塑は写真だけしかなかったが圧巻!

今度「タンタンの冒険旅行」のDVDをゲットするのだ。

他、ハッと思ったのはあのドビュシー像だった。

Img_0005


2012年4月19日 (木)

fill color 1回目

カラーの勉強、今日が1回目。
この間の体験レッスンも楽しかったけれど今日も凄く楽しかった。
カラーの勉強なのに何故か先ずは自己紹介を1分でして下さいという。
名前の漢字の説明の仕方や名前の由来など。
そう聞けば意外と名前を覚えてもらえる。

太陽の光の6つの色相(赤、橙、黄、緑、青、紫)長波長から中波調、短波長まで
これが全部混じると”白”になるという。
上海の空がなぜいつもいつも白いのかというのが今日初めて分かった。
太陽から出ている電磁波は空気中の塵やほこりを通って私たちの所に届く。
短波長の方が塵やほこりを通りやすい。だから短波長に当たると”青色”に。

でも、あまりにも空気が汚れていると長波長から短波長まですべてに当たってしまうため6つの色を混ぜた色→”白”になってしまうんですって。へ〜〜〜〜

補色
赤、緑、青、黄の4つの色紙
の真ん中をじっと30秒見つめる。その後4つとも同じ大きさ同じ色のうす灰色の
紙を見つめる。
すると、うす灰色のはずの紙がぼーっと何かの色に見えてくる!!!

これ凄いよ!!
赤だった場所は緑
緑→赤
青→黄
黄→青
に見える〜〜〜

なってこった!!

「補色」とは一つの色をじっと見ていると脳が、反対の色をイメージさせて疲れを中和させようとしているので実際にはない反対の色が見えてきます。

補色を使った実際の例

1、手術室の壁の色、衣服の色(緑)
血の”赤”を補色の”緑”がちらつくために壁や衣服の緑で緩和する

2、牛乳パックの色(青と白)
牛乳パックの”青”を見ると牛乳が補色の”黄”に見え美味しそうに見える

3、非常口の色(緑と白)
火の”赤”から非常口の”緑”を目立たせる

4、刺身の大葉の色
マグロの”赤”を大葉の”緑”で綺麗に見える

色の効果
”赤” エネルギッシュで前向きなとき
   難しい事に立ち向かわなくてはいけないとき有効

”青” 理性的、感情のコントロールができる

”黄” 周囲の人と明るいコミュニケーションをとれる
   開放的、交際を広げる

”緑” 優しく穏やか、何事も平和に解決できる安定した状態

”紫” 感受性が豊かに。芸術や神秘性に惹かれる時、直感力も鋭い

”橙” 社交的で家族、会社、仲間との人間関係を強く結びたいとき

余談で自分のオーラを写真に撮ってくれるところがあるらしい。(日本で)
教室の先生、その二人のお子さんの3枚の写真。
先生は緑色が中心でその回りは青かった。
みんなと仲良くできる性格で講師には向いているとの事。
私のオーラは何色だろう。

2012年4月13日 (金)

プーランク「即興曲 第15番〜エディット・ピアフを讃えて〜」牛田智大

銀座のヤマハに行った時CD売り場でずっと流れていたこの曲。
すぐに引き寄せられた。DVDの映像で流れていて私はもう釘付けに。
それは牛田智大君の弾くプーランク「即興曲第15番〜エディット・ピアフを讃えて〜」
だった。この曲にも魅了されたけれどわずか12歳の牛田君。
前回の上海駐在時に話題になっていた彼。今やCD売り上げNo.1だとは!
凄い!

思わずプーランクの楽譜も買ったわよ。


2012年4月12日 (木)

上海モードに切り替えなきゃ

こちらに戻って3日目。

昨日はようやく外に出る気になった。
今回コーヒー豆は重量オーバーで諦めたのでそれを買いにイギリス直輸入のお店へ
(MARKS and SPENCER)
韓国製牛乳の賞味期限内なのに腐っていてもうこの牛乳は買えないと思い
豆乳を作る事に。
大豆を水で戻して専用の豆乳を作れる機械に入れる。
その豆乳で豆乳ゼリーを作る。寒天パパのアガアガ(寒天で作られたゼリーの元)で固めてみる。
あとで味見してみよう。
そのために昨日赤砂糖を買ってきたからぐつぐつ煮て蜜を作るのだ〜

今朝一人レッスン。そのあとふじの会の幹事だから候補の場所で試食。
夕方また一人レッスン。

今私の部屋の窓を外側からがたがた音を立てて掃除してくれている。
スパイダーマンのようだ。
よかったー!カーテン閉めてて。

2012年4月 4日 (水)

妹の披露宴のために

私より2つ下の妹の結婚式が迫っている。
超晩婚と言えるけど妹にとっては遅く来た春!まさに春爛漫。
妹のリクエストでユーミンの「ダンデライオン」を姉妹でハモって欲しいという。
姉妹での練習は前の日の夜だけ。

繰り返し記号、コーダなどを使わず全部最初から歌えば間違わないようにフィナーレで打ち直す。
うまくいけばコードだけで伴奏できるかな?
既成の楽譜をダウンロードしたけど無味乾燥でつまらない。
あまり時間がないがちょっとは私らしく編曲したい。
ちょっと娘を起こしてハモリの上を歌わせるかな?
自分ができるのは弾き語りが限界。

披露宴では他に尚子さんが妹のために書いてくれた曲を彼女が伴奏、そして私が歌う。妹の名前(Yuriko)にちなんで題名は「貴方の心に白百合を」。
めちゃくちゃイカしてる!題名だけじゃなく曲も伴奏も。

これはF-dur。なんと私のためにも曲を書いてくれていて題名は「紅の華」そしてF-durの平行調のd-moll。

”白”と”紅”そして、F-durとd-moll。
この対比、なんて素敵な事だろう!

この曲も交えて夏には彼女の自宅近くの山梨でコンサートを予定している。

2012年4月 1日 (日)

神谷町光明寺お寺コンサート

6月9日(土)に行われる神谷町光明寺お寺コンサートのフライヤーが出来上がりました。
主催のヴァイオリンニスト佐藤美都子さんよりメッセージを頂いています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

神谷町光明寺様のご厚意を得まして、紫陽花の花が境内を彩どる頃、
下記の様なお寺コンサートを開催致します。
純クラシックの曲目から、中国古典楽器の紹介、オペラのアリア、
フランス語で語りかけるラブソングまでありの、
バラエティに富んだとても楽しいプログラムです。

休憩時間には、テラスで飲み物とお菓子のサーヴィスを致します。
初夏の夕べのひと時を、東京タワーの真下とはとても思えない
緑豊かな光明寺様境内で、ご歓談下さいませ。
第一回目の試みである神谷町光明寺コンサートを、
大勢の方々に楽しんで頂けましたら、大変嬉しく存じます。
皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

演奏者代表 : 佐藤美都子

**************************************
< 神谷町光明寺コンサート >

日時: 2012年6月9日(土) 午後5時半開場 6時開演

会場: 神谷町光明寺御本堂
http://www.komyo.net/

全席自由席  2000 円  茶菓付き  (当日ご精算下さい)

Chirashi

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »