« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

アプリ

上海のフリーペーパーはもの凄く充実していて日本人の住むマンションや日本食レストランやスーパーなどで容易く手に入る。
この間遊びにいった婦人がわたしのためにとっておいてくれたというConcierge
7月号の特集はスマホだった。
前々からスマホが欲しいんだが、日本ではソフトバンク、こちらでは中国移動のsimを使ってなんとか外でもメールがチェックできたりするので購入してないんだけど。
iPod touchは音楽データを持ち歩くために買ったのだがこれが凄く賢くて、無料のアプリでもかなり優れものがあることに昨日気がつく。(遅いか)
それもこの雑誌で無料アプリがたくさん紹介されていたから。
その中で「くらしのこよみ」と、「クックパッド」は気に入った。
写真の綺麗さ、この小さな画面にレシピが見られたりするわけ?
凄いな〜
「こよみ」の方は今の旬の魚や旬の果物なんかの紹介、それに関するエピソードなんかも載ってる。これは楽しい。
他にweathernewsとか雑誌ONLINE、Metronomeなど入れた。
画面が華やかになっただけでも嬉しかったりして。
もっと早くダウンロードすればよかった。
Img_0739

2011年8月30日 (火)

久しぶりにパンを焼いた。どこのパンを食べても美味しいと思えず今日は時間があったから。気温が高いのか発酵で生地がどんどん膨らむ。シナモンとレーズン。意外とうまくいった。
それと同時進行で昨日の曲の続き。作りながら直す作業。書いたときの感覚が残っている気がした。このときはこのときの最高だったんだろうな。
3時から英語の個人レッスンの顔合わせ。時間差で二人のチューターと会う。
一人目はABC (アメリカ生まれの中国人)。結局中国語に頼ってしまうことが分かった。二人目はボスニア人。二人のお子さんの奥さんだった。
明るくてユーモアがある所が英語より学ぶ所かもな。
でもちょっと、友達の紹介のメールを待つことに。一昨日の話とレッスン代が違っている。も〜足もとみられてるな。
もう少しキーボードに向かおう。

2011年8月29日 (月)

いつもの土日のパターン

昨日の朝は家庭教師のドタキャンから始まった。
予約は10時半だったからそれまでに家を綺麗にしてスタンバイしてたが時間を過ぎても来ない・・
すぐ事務所に電話。お腹の調子が悪いからキャンセルしたいとのこと。一気に力が抜けたよ。
午後からは私以外みんな外出。そして私は一人家でといういつもの土日のパターンになった。ずっと前に書いてまだフィナーレに打ってない曲があったのを思い出しピアノに向かった。ちょっと大きめの五線紙にもう一度書き直した。
これ書いたのはいつだったんだろ。2008年?確か前のフィナーレのバージョンの時書いていたっけ。今度から日にちを書き込もう。あれから3年経って今弾いてみるともっとこうした方が良いんじゃないかという所がいっぱい。逆に今はこんな曲書けないよとも思う。

wmvで書き出した曲はすべてYoutubeにアップし直した。後はフラッシュ系で書き出したものは音と動画が別ものになっているのでiMovieで作り直さないと。

でも写真のデータが壊れたWindowsの中だ。今朝もハードディスクを取り出してもらう作業を業者に持っていってやってもらえないか主人に頼むが、忙しいからと却下された。

この国は何をするにも時間がかかりすぎる。

今朝はムッとして暑い。今日は久しぶり会社の婦人とのランチ。それまでに発声、ピアノ。

2011年8月28日 (日)

イメージを音に

朝アイロンをかけながらヴァイオリンの音が浮かんで思わずピアノに向かった。
ヴァイオリンの旋律にピアノの音も(音というより感覚)つかめてるんだけど
実際音にしようと探ってみるが又違ったテイストなんだよな。
これもありかもと思うけど。
この頭の中の感覚がそのまま音になれば凄く良いんだけど。

今度妹が遊びに来るので近くのホテルを探しに出歩く。
朝から雨が酷かったが比較的すぐに雨は上がった。その代わり蒸し暑かった。
まあまあのホテル、ツインで580元となってるけど、何のディスカウントか分からないがいきなり380元になった。2人泊まって5000円朝食付き。
歩いて5分で南京西路。お昼に食べたら良いだろう飲茶屋も発見。
娘の家庭教師の面接。イタリア人とアメリカ人のハーフ。私も英語教室をずっと探していて上海では最大手のWall Street Englishにいく。壁がガラス張りで見通しのよい大小のブース並ぶ。もの凄い人数の中国人たちが勉強している。学費が半端じゃなく高い。先ず1年半分を払ってくれとくる。どんな目的の人も同じ教材を使うことにちょっと疑問を感じてやめた。
娘の家庭教師センターで先生を捜してもらうことにした。
そのセンターを経営する一人の女性。25歳。上海の一等地に事務所を構える。
友達と共同経営というが凄いな。こんな若さでバリバリ働く。パッと見ショートカットで男の子みたい。性格もさばさば。髪が長かったら美人だろうな。

2011年8月26日 (金)

Youtubeデビュー!

今日は上海の上海電脳工房という会社の方にきて頂いて
私の今までのもやもやをすべてスッキリ!してもらいました!
そしてそしてとうとう、Youtubeデビューしましたぁ〜!

http://youtube.com/profile_videos?user=hotlemongrass

2011年8月25日 (木)

花とろうそく

今日は天気も雨でふさぎ込んでいる気がして、お昼にお花を買ってかえった。
初めて見た。紫色のグラジオラス、そして黄色の小さなバラを添えて。テーブルの真ん中に飾った。
その花を見る度少し朗らかな気分になれた気がした。
久しぶりに尚子さんと電話で話す。彼女とはいつも音楽の話、その他諸々・・
瞑想の話になった。どうやって瞑想するのか。先ずはリラックス。いろんなことを考えない訓練。いろんなことを考えるから緊張するのでそれを解き放ってあげると良いといわれた。そして自分の置かれている状況を幸せだと思うようにすること。
ろうそくの火を見つめてご覧それに集中するようにと。
いつも彼女の家にいくとろうそくがつけてあるのはそのためだったのかな。
その瞑想が彼女の音楽をやる上でもの凄い役立っているという。
人は悲観的に物事を考えた方が脳に刺激がいってそれが快感なのだという。
その癖がついてしまうので常に悩む事になるのだと。この間読んだ本に書いてあったな。そして、自分が人前で緊張しないようにするには自分の声に集中することだと。自分の声を聞くのだと。”聞こえてる”じゃなくて”聞く”
”見える”じゃなくて”見る”
この花はすみれだな〜ではなくて、すみれの花は綺麗だな〜これが情緒

チケット

こっちに帰って来たときから約2ヶ月使っていなかった携帯のインターネットが通じてなくて凄く不便だった。
中国移動に電話して日本語サービスを聞きながら操作しても、携帯自体が中国語なので結局分からず・・
もう、仕方ないから森ビルのドコモまでいって操作してもらうことにした。
ここで買ったのだからアフターサービスは万全。しかもかなり日本語の出来る人を置いている。受付の彼女も相当苦労してやっとこさ繋がるようになった。

東方芸術中心の会場までパールマンのチケットを買いにいく。
先ずは入り口でダフ屋にたかられる。今日はなにか公演があるのだろう。
私はさっさと会場に入る。
Mitokoさんからだいたいこの値段のチケットをお願いといわれてて
いってみるがもうすでに高いチケットしか残っていない!
うわ〜困ったなー
一度メールで確認、すぐ返事が来て高くてもいいからという。
一度外に出てからもう一度入ったそのときは受付が変わっていた。
チケット買いたいんだけどと言うと今度はさっき言っていたのより安いチケットもあるという。ええ?さっきはもう1280元以上しか残ってないといったじゃない?

まあでもチケットをゲットできた!よかった。

2011年8月24日 (水)

ヴァイオリンニスティック

いつも上海でお世話になっているヴァイオリンニストMitokoさんに会う。
目的はヴァイオリンの教本を借りること。
彼女の家に押し掛けようと思って連絡をとってみると、もうすぐ日本に一時帰国するので、お土産にCDを買うというのでご一緒させてもらうことした。
私は有名なヴァイオリンニストをあまりにも知らなさすぎるから彼女と行ったら
ああこれも、この人のも良いわよ〜なんて教えてもらえる。
音楽院にほど近い小さなCD屋さん。所狭しとクラッシック系のCD,DVDがびっしりと並ぶ。海○版だから高くても一枚10元。片手にびっしり乗るくらい買っても200元くらいだから(日本だったらアルバム1枚分くらいの値段)嬉しいー!
自分が知らないからメモのために書いておくと、
Janine Jansen,Julia Fischer,Emerson String Quartet,Virtuoso Vengerov,Gil Shaham,Orli Shaham,Zimmermann,Nigel Kennedy,Joshua Bell,Hilary Hann,Mutter,Rostropovich,Perlman
今度からお土産はCDがいいかもしれない。
今聞いてるCD、凄い斬新だと思って裏表紙をみたら、Ravelだ!やっぱりRavelは天才だな〜 Violin sonata on G Blues Moderato

彼女のお家に行ってヴァイオリンの教本をたくさん貸してもらった。
それもこれもヴァイオリンニスティックを知りたいから。
実際、彼女がヴァイオリンを弾いてくれて、重音のやり方(特にバッハ)の極意や、なるべく4つの弦のうち一つは解放弦にしてあげた方が響きが豊かになること。一つのフレーズを弾くときに隣り合わせの弦でないとレガートが出来ないこと。ヴァイオリンを知り尽くして作曲していたのはやはり、パガニーニ。
ヴァイオリンを弾く時なんでもないように見えて(これは言い過ぎかも)実はすごい曲に聞こえてしまうという。うちに帰って来てCDをかけながら、24のカプリースを聴きながら先ずのっけからびっくりだった!
そして音域がG2からE6これって、歌の音域と凄く近い!だから歌の曲をヴァイオリンで弾きやすいんだって。
こんなに資料をいただいても実際書く曲は・・?
でも心強いのは試して弾いてくみてくれる人がいること。
そしてお世辞でない意見をいってもらえること。

意外にも重音が多く使われているんだな〜
気がつかないでいただけだね。

こんなことやってるまた部屋が片付かない。でも今日は10月に来るパールマンのチケットを買いにいくんだ^^

2011年8月21日 (日)

「桜」

この数日間「桜」のPVを作っていた。
娘がPVといったのだ。
そうだよね。
iMovieを使って、いくつかの写真を編集して、組み合わせて。
写真の変わり目にトランジットの効果を入れてそのタイミングと秒数を何度も何度もモニターして気に入るまで。
そこにタイトルを入れるけどその字体から大きさ、またフェードイン、フェードアウトのタイミングなどなど・・・
やればやるほど楽しくなってこのiMovieの虜になった。
写真の縦横、特に縦全体を見せた時に効果が使えないのが玉に傷だが
もしかしたら今のバージョンなら出来るのかな?
それもズームと組み合わせればまた面白い効果が出て・・・
とやっていたらもの凄い膨大な時間がかかってしまった。
問題はそのあと。
書き出しの仕方によってはもの凄く画像の質に差がでて、これも何度も試行錯誤の繰り返し。やっとこさ自分で納得いくものができた!
さて、これをWindows側にもっていって、ビルダーでアップするが、
なんどやってもエラー・・・
容量が大きいのとこちらのネットが遅いのとで途中までしかアップできない・・・

この形式は諦めて、とうとうYoutubeにアップしようとするがどんな方法をとってもYoutubeはまず、アカウント登録しなきゃでトップページにもいけないから駄目。アップどころのはなしじゃない。
こちら中国でYoutubeを見られることを知っている方は(安全に)是非教えて頂きたいものだ。やっと見られるようになってもイタチごっこでまた見られなくなるの繰り返しらしいです。

はぅ〜
っとこんな具合でこのデータは取っておいて、もう少し小さいデータにするように
もう少し粘ってみます。

2011年8月19日 (金)

アップに時間が・・・

新曲の動画がようやくできたのだが、だいぶ重いらしくなかなかアップされない。

しかもエラーが出てしまう。ただ単に週末だから、ネットが混んでいるからアップされないのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

最悪音源だけのアップになるかも・・・

2011年8月18日 (木)

上海モード

空港を降りたら、ゆだりそうな暑さ。ぐわ〜んアジ〜ヨ〜!

今朝は早速歌の生徒が午前中来宅。
楽しみにしてくれている人がいて幸せ。

また戻って来たかという感じ。
水道水で口がゆすげない、食器も最後は浄水器で流す、時間も1時間足して日本時間を考える、パソコン上で見れるテレビがまた活躍しだす。
・・・などなどこれが上海モードだわ。
外食だったら美味しいものも食べられるけど、家で食べるときはお惣菜の気の利いたものが売っていないからすべて作らなくてはいけない。
こうなると日本から持って来たレトルトの食料品も貴重品。今日は無印のパエリアご飯の元が活躍した。調味料も中華のものを使ったりして和と中の見妙な味付け。
明日から本格的に娘の学校が始まる。

全く音楽の宿題があることをさっき知って一夜漬けの宿題を娘とやる。
全部英語だがなかなか面白かった。
受験のときの楽典そのもの。懐かしかった。
これは全く知識のない人が解くのは至難の業ではないかと思った。

自分の曲を今回はMacのiMovieで製作中。
いつもはホームページビルダーで作っていたが今回はMacでもWindowsでも両方見られるように書き出す時の拡張子をaviにするつもり。
微妙な調節の仕方がいまいち身に付いていなくて研究中。
もう少しかかるかな。

2011年8月16日 (火)

羽田空港から

今回は使っているWi-fiを持ち歩いて空港まで来た。
これから飛行機に乗ります。
色々あったけどあっという間の夏休みでした。

お世話になった方々ありがとうございました。

2011年8月15日 (月)

ようやくアップできました

この夏は友達のオリジナル曲を録音して

私のホームページに載せる目標があった。

とり終えてずいぶんと時間がかかりましたがようやくアップできました。

2011年の夏の思い出「天使の子守唄」他6曲が視聴できます。

http://otonoenikki.com/

”Naoko”の所から入れます。

2011年8月13日 (土)

長い2日

もう上海に戻るまでわずかとなってしまった。
昨日は一日野村先生のお宅に入り浸ってレッスンだった。

どんな素材を使ってもその素材を充分に生かした曲であるということ

例に挙げられたのはラヴェルの4曲
 「水の戯れ」 
 「弦楽四重奏」
 「Introduction et Allegro」
 「ダフニスとクロエ」

参考書籍
 「管弦楽技法」Gordon Jacob  音友

午後から尚子さんも上京していっしょにレッスンを受けた。
彼女は家に泊まりこんで今日は自宅で録音を録った。
調性がどうしても納得いかない曲があり3曲取り直し。
先日の山梨での録音時より声が軽く出て今日の方がよかったといえる。

微妙なマイクのバランスが結局最後の仕上がりを決めることを知りそのあとはスムーズだった。

二人で納得して録り終わったのは夕方だった。
もう昼間の日差しは少し優しくなっていた。

私たちの夏は終わったと感じた。

2011年8月10日 (水)

汗だくの録音

今日はこちらに来て一番ぐらいに暑い日だったのではないかな?
でも暑いことも愛おしいって思うのはおかしいかな?
うぉ〜夏だぜぃ〜〜って思うんだけど

自分が前録った「桜」はあまり気に入ってなくて、今回尚子さんが弾いた「桜」を聞いて新たな発見があった。
それを踏まえて今日は少しテンポを落としてみた。これが凄くよかった。
録音を録るときはまず掛け時計を隣の部屋に置いて、部屋を閉め切り、エアコンを消し・・という状態でやる。
汗がジワ〜っと体全体にかいて来るのが分かる・・
だんだん意識も遠のく・・
ちょこっとしたことももの凄い気になる。なぜか録音のときはね。
止めずに約1時間半。弾き終わったときに心の中で”Yeh~"といっているtakeもあった気がする。
日韓戦のサッカーの試合を見ながら両耳にイヤホンを挟んで大音量で自分の録音を聞いている。娘のギャーッというところと全然関係のないところで、私は自分のピアノにケチを付けたり、ため息ついたり...
でもこの中からお宝を探すのだ〜

毎日思うけど今日の夕焼けも抜群に綺麗だったな〜

なんか切ないね・・綺麗だと余計・・

久々のビルダー

午前中は昨日思いついた弾き語りを少し進めた。
それに平行してまだこの間の録音のエフェクトで格闘しており
トラックの音量をあまりにも差を付けてしまったためだろうか
音が痩せてしまって多少バランスが悪いが前の方が良いという事になる。
ものすごく久しぶりにホームページビルダーを開いて新しいページを作ろうとするが色々忘れてしまってなかなか進まない。
それに録音が気に入らないものもあり、再度今度は家で録音を録る事になった。
また上海に戻るときが近づいて来ている。
なんというあっという間の夏休みだったんだろう。

2011年8月 8日 (月)

ホームコンサート

私にとって、この夏のイヴェントは友達の自宅でのホームコンサート。
彼女、尚子さんは3年前の国音の夏期講習のクラスで知り合って以来家族ぐるみでつきあっている。今回は彼女の書いた歌曲を私が歌い、私のピアノ曲を彼女と彼女の生徒さんそして私が弾くという、オールオリジナル曲のホームコンサート。
前の晩から泊まり込んで彼女の歌曲の録音も録った。
彼女とは話が尽きなくて、結局白々と夜が開けるまで話し込んでしまった。
3時間仮眠して本番を迎える事になった。超ハイな状態。

<前半> 私のピアノ曲

Sonata on DEAC 1st. movement     齊藤 岬 

桜                  渡邉 尚子

Tears of Joy Arietta 駅前交差点  温田絵里子

<後半> 作詞・作曲/渡邉尚子 
                 ピアノ/渡邉尚子 歌/温田絵里子

1.Edelweiss                   
2.こもりうた
3.つゆ草
4.家路
5.Little Bird
6.梅雨空
7.天使の子守唄   (合唱:秋山さつき・吉野恵子・掘地桂子・渡邉昭子)

渡邉家のご家族の温かいおもてなしと聴く方の温かい拍手の中、和やかな、時には感動的な時間が流れた。

近日中にホームページに音源をアップいたします。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »