« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

万博 中国館見納め

午前中、中国医学の授業、今日は興味津々のお灸だった。
実践で針灸をやりたかったが今日は説明だけで来週になった。
本当に自分でお灸出来るようになればこの腰痛が少しは良くなるかもしれない。

午後はもう明日閉幕の万博中国館を見に行った。
中国館だけは延長して今月いっぱいまで見ることが出来る。
今日はこちらにしては爽やかな晴れの日で万博日和だったと言える。
万博をやっている間何度か訪れたが、一日中会場にいても並ぶ時間がもの凄く長くてまともには3つ4つ見られればいいほどだった。

今日は会場に入るまでの道のりはずいぶん歩かされた気がしたが、ほとんど待たされることなくすんなり会場に入ることが出来た。

さすが凄いな!外から見ると壮観!櫓の先には喜ぶの字を二つ並べた双喜の文字が

Img_0500
壁一面長ーい中国絵巻の中に波や人動物が動き幻想的

Img_0512

2011年5月30日 (月)

チャリティーコンサート

上海に住むピアニスト小川真由美さんが企画した震災救済のチャリティーコンサートに行った。
熱心な彼女のファンや親子連れが大勢来ていた。
彼女のピアノとクラリネットの藤山いずみさん、そして二胡の赵磊 (Zhao Lei)3人のコンサートだった。
際立って凄かったのは二胡のZhao Leiさんのチゴイネルワイゼンだった。
二胡の弦はDとAしかなく最低音がDなので原調がc-mollのところをg-moll
で弾いていた。素晴らしかった。拍手がなかなか鳴り止まなかった。
人の演奏を聞くということは非常に勉強になる。こうであるべきということが分かるから。
夜は昨日に引き続き歌を練習しにいく。
山梨の友達から彼女のオリジナル曲がEMSで届いている。
手書きの楽譜だが、その歌詞の内容、メロディーラインの美しさ。なにより、日本語が自然に聞こえるように作曲されていて素晴らしい。

8月6日彼女の地元、清里にて私が彼女の歌を歌い、彼女が私のピアノ曲を演奏する企画で今練っている。

2011年5月26日 (木)

2日分の日記

昨日は午前中歌のレッスン。
午後その奥さんと一緒にお茶市場へ。
プーアール茶は美味しくないと思っていた飲まず嫌いを覆す美味しいプーアールに出逢えた。
この店の中に高くそびえ立つのはプーアールの茶葉で作られた塔!

Img_0462

それから今日は午前中今度帰国の婦人を送るランチ
上海灘というこちらでは有名なブランド店のレストラン(新天地)
味はそこそこ美味しかった。それより何より内装の上海灘してるところに関心。

Img_0463

その足で練習室へ。隣でドアを開けて電気をつけずに(レンラル料を払っていないから)がんがんピアノを弾くおばさんにあきれて部屋を替えてもらう。

その帰り道いつも行くCD屋さんがお休み・・
そういえばもう一軒あったなと思い出していってみると数年前の店員さんがそこに。そして動物好きの人なのかな?
レジのほんの少しのスペースに目の青い白いネコがちょこんと座ってる。
ネコと目が合った途端くしゃみが止まらなくなった。困った。
でもそこで見つけたCDが意外に良かった。
ポピュラーソングをイタリア語にしてセミクラッシク調にアレンジしてある曲が並ぶ。中には飛ばしたいのもあるがKatherine Jenkinsの歌う"I will always love you"のイタリア語版はなかなか良かった。歌いたい!

Img_0470


2011年5月21日 (土)

よく響く部屋

今朝は主人がゴルフで5時半起き。私は起きたくないから、前の晩サンドイッチ作っておいたのに結局がたがた音がして起こされた!
一度起きたらもうだめ。今週はことごとく娘の病院通いでまともに音楽できなかったからやっと浄書をする時間が出来た。
2時間やったところでなぜかフリーズ!!!
え???
もう、せっかくここまでやったのに〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私の時間を返してえ〜〜〜〜〜〜〜
はう〜
気を取り直して朝飯を食べて・・・
今度は眠い!あ〜んもう〜
歯を磨いてまた寝てしまった。
でも今日はよくやった。
午前中いっぱいは浄書をして(まだ終わってない)
浄書と言ってもピアノを弾きながら自問自答してるからなかなか進まない。

なんだかんだやっててもう3時半。今日歌わないと又戻る。
そう思って、共有室を借りて練習できないか聞いてみる。
今日は一日空いてます。という返事。ラッキー!!
楽譜を全部持って小雨の降る中、中庭を通って向かいの棟へ。
普段は麻雀室になっていて麻雀をやったリ、子供が遊んだり住民は予約すれば使えるスペース。
今日はもの凄く上手く歌えた!
いつもの楽器屋の超デッドな練習室とは雲泥の差。
楽器の人は楽器の善し悪しってあるけど、歌も持ち声の善し悪しがあるけど
練習場所の善し悪しも絶対上手くなれるかどうかの条件の一つ。
今日はそれを実感した。
昔歌ったことのあるラフマニノフの”ヴォカリーズ”。7月の本番で、ヴァイオリンでやるか歌でやるか私のでき次第なんだが、今日の感じだといけるかも。

和平飯店

先日帰国前の婦人の送別会を外灘のWALDORF ASTORIAホテルで催し
その帰り道、オールドホテルで有名な和平飯店に行った。
100年以上の歴史があり、その内部の素晴らしさに圧倒された。(英国ルネッサンス様式)

Img_0419

Img_0421

Img_0422

Img_0424

2011年5月20日 (金)

これからどうなるの?

今朝は中医の授業。駅から学校までの道の中、前を歩く人の持つ”ニワトリ”に目が釘付けになった。”え?これどうなるの?””食べるんでしょう”
そんなことを思いながら思わず首からかけていたiPod のカメラでパチリ!
Img_0447

2011年5月17日 (火)

アンジェラ・ゲオルギュー in 上海

アンジェラ・ゲオルギュー(Angela Gheorghiu)のコンサート当日券を買った。

こんなに興奮すると思わなかった。
スーパー級に良かった!
観客も全員総立ち。アンコールの嵐でなかなか拍手が鳴り止まずアンジェラがコンマスの手を弾いて幕へ連れて行ってやっとみんな諦めて帰る気になったくらい。

共演のステファン・ポップも凄く良かったのもあったのだろう。

彼女の超ハイテンションを目の当たりにしてその空気を共有していることがこれぞコンサートの醍醐味といえる!
彼女の声が期待以上に素晴らしく空気が廻っている。
生声でこんなに人を感動させられるなんてなんて凄いことだろう!
この気持ちをいっしょに共感してくれる人がいたらもっといいのに

余韻に浸りつつ・・

Img_0412

外に出て空を見上げれば満月の月
こんな光景を前も見た。リングのときだ。あのときは中秋の名月だったから
凄く覚えてる。今日は興奮して又眠れないかも。

Img_0416

久しぶり家で

ここのところずっと昼間家に居られなかったがかろうじて家で練習できる。
時間も限られているがその方が私にとってはいいこと。
一日あっても何も出来ないときもあるから。
今夜はアンジェラ・ゲオルギューのコンサート。
先ほど劇場へ行って直接チケットを買った。
図らずも私の前後がダフ屋。
目はぎろぎろ、態度はうろうろ。もう落ち着かない。
私は正規に席を窓口で買うわ!
ダフ屋につかまされたチケットがすでに売れていて偽のチケットって言うこともあるから。
その前に娘の病院にもいかなくては行けない。そして夕飯の準備も。7月の曲決めの電話もそのうち鳴るだろう。まずは駄目だしの自分の曲から見直す。



2011年5月14日 (土)

迷惑なお土産

頂きもののダンボールを開けると大量のイチゴ!
しかも高級そうなのにぜんぶ崩れてる^^;
すぐにブランデーとお砂糖で煮る。でももの凄い大量。
今朝はクレープをいっぱい焼いてイチゴとホイップで朝食にしよう。

もう一つのダンボールはなんと!乾燥したナマコ
高級食材だけど私は苦手。見た目がグロテスクだから。

昨日から水に浸けていて戻している。
なんだか小動物が家にいるみたいでちょっと落ち着かない。

Img_0380

2011年5月13日 (金)

カレー鍋

午前中一人レッスンで今日はベルトをお腹に締めて歌ってもらった。
これが良かった。人それぞれの歌になるけれど思っていることが
私と同じならそれが成功!
非常に素直に前向きなSさん、そして毎回”凄く楽しかった”と言って下さるのが嬉しい。
本当に自分が歌を習い始めたときの師匠からの言葉をずっと思い続けていて
どんな先生についてもやっぱり師匠の教えが私の歌うときの基本になっている。

ランチは、わが家でみそ作りをしたメンバーとカレー鍋のお店へ。
0歳、9歳、16歳のそれぞれ娘を持つママ3人。
上海生活をそれぞれ謳歌している話で盛り上がる。

そろそろ7月のコンサートの曲決めを本格的にしないといけなくなった。
主催者からもメールが来ていた。
久しぶりにテバルディのアリア集を聞きながらブログを打っているが
ビロードのような美しい声!
ビブラートが気持ちの帯のよう!

2011年5月12日 (木)

日本人のつて

今書いている曲を練習していて、また満足できなくなった。
目指している音が今のアップライトだと出ないのか、それとも音が足りないのか
また、クライマックスが物足りない。
弾いてる自分が満足いかないなら聴く側も満足いくはずがない。
又書き直し。
午後からお目当てのパン屋へ。住所をたどると地元人であふれる上海語の飛び交う店だった。蝶の形のパイが有名らしい。
服生地屋で作ってもらったドレスがどうしても気に入らない。
でも作り直さないという。私の中国語の問題もあるがいつもズボンの裾直しなんかを頼んでいる別の店に生地を50センチずつ買って持っていった。
快くやってくれそう。

服生地屋で又シルクの生地屋さんで足が止まった。
バイヤスに置いてある生地があまりにも綺麗で
作る予定もないのに生地だけ買い込んでしまった。

その足で練習室へ。
上海で唯一の日本人の調律師Kさん。
電話すると、彼は武漢にいた。ハードロックの着信音にしていて笑えた。
彼の紹介で録音できそうな部屋を見せてもらう。
響きはそこそこだが肝心のピアノが固い音だな〜
Kさんの育てた小動物系の調律師Lさんに頼むことに。
Kさんの名前を出すと、レンタル料を割引してもらえた。

今日は夕方ほぼ練習室は満室。
でも思いっきり声を出して帰って来た。
どうしても上のAの音で声がぶれる。
Aより上の声になると又鳴るのに。発声に問題かな?イタリアものは下の音から軽く出してないと絶対上まで持っていけない。

その点日本歌曲はさすが私には歌いやすいキー。

昔は凄く低く思っていたけど年のせいかな?

2011年5月 9日 (月)

とうとう自分で

今週から週2日の中国医学になった。
とうとう今日は自分で自分の体に針を刺した。
最初はもちろん肌に近い感触のクッションでシュミレーションしてから。
痛いのは針のほんの先端を刺すとき。
私たちの練習したのは1.5寸の針。
髪の毛よりやや太いくらいの細さだし、くねくねだから小指以外の4本の指をすべて使ってスッと入れ、そのあとはゆっくりツボを探してゆく。
すると気血が流れている所といわれる経絡に到達する。
これが何とも不思議な感覚。ちょっと重い感じ。
日本に本帰国前の奥さんはもう必死だ。なんとか自分の首のヘルニアを直したくて
局部は自分では出来ないが、ツボは離れた手足にもあるので手足に針を刺すのを練習している。
中国医学的な表現は難しく未だに理解できていない所ばかりだが、私の体を診断してもらうと、体の内部に熱がたまっているから対処法としては、肉をあまり食べないようにするとか、運動を良くするとか野菜を多く食べるといいといわれた。

Img_0361写真は「神門」というツボ。足にある三陰交を合わせて不眠症に効くツボ。
ちなみにこの針は先生が刺しました。

今日は凄く暑かった。

月曜は午前中で授業が終わり、その足で久々に練習室へ。
お昼は一人ランチ。
練習室にほど近い小綺麗なレストランでランチセットを食べた。
でも、これを一人で食べろと?っていうくらい量が多くて、大半をテイクアウトした。

2011年5月 7日 (土)

一人の時間

みんな出かけた。
今だ!すぐにピアノに向かいメトロノームで心地よいテンポを探す。
以外にもスローだった。
楽譜にきちんと書くこと=自分の言葉で書くこと
そんな気が凄くした。
発見が色々。
フィナーレで再生するとき自分の思う音量を調節できることを知り、楽しくなった。でも、余計に迷うようになった。

相変わらず、私の空き時間はもっぱら「優しい時間」
主人公の拓郎の焼くコーヒーカップが欲しくなり、カウンター越しに入れてくれるコーヒーを飲みたくなり、今日は30°を超えたのにDVDはクリスマスから正月にかけて雪景色。冬が恋しくなり・・

2011年5月 6日 (金)

GW DVD鑑賞

日本人街にあるDVD屋さんにいって買って来たドラマをみている。
この間は最近話題になった「セカンドバージン」主人公の鈴木京香が役の中で私と同じ歳(実際は?)かっこいいキャリアウーマンだけどハマってしまった。
キッチンでご飯を作るときもカウンターにPCを置いて見、湯船につかるときも
持っていって見、全部見終わった。
今は「優しい時間」倉本聰監督とは知らなかった。
主題歌の「明日」平原綾香が好きだったから前々から気になっていたドラマだった。
またまたハマりそうだ。
「セカンドバージン」をみてはシンガポールに行きたいと思い、「優しい時間」をみては北海道に行きたい!と思うのだった。美瑛、空知川行きたい!

2011年5月 3日 (火)

上海街探検〜外灘〜

GW2日 外灘辺りにある古い洋館建ての建物を探検しにいくことに

まずは三菱商事ビル(左)と向かいに立つ三菱銀行のビル(右)

Dsc02906

Dsc02901

左の元三菱商事のビルは病院に

Dsc02900

右の銀行は高級レストラン

Dsc02903

対面のビルはイギリスの銀行 その入り口の内装にため息が出た

Dsc02910

外灘は人であふれていた

Dsc02927

2011年5月 1日 (日)

労働節

昨日から4連休。
うちの前の大通りには中国の国旗がずらっと飾られ労働節の雰囲気。

昨日は普段やろうと思っていて出来なかったレジデンスの太極拳のクラスに参加。
昔少し習っていたことがあり所々記憶がよみがえった。
腰を据えてゆっくりの運動にじわっと汗がにじんで頭がすっきり!
主人と来週から毎週やろうということになりちょっと期待している。

腰の痛みがまだあるのでお灸を取り入れた診療所に行ってみた。
入るなりいきなりお灸の匂いの充満する診療所に2時間。
すっかり洋服や髪の毛が燻されたが、やけどする寸前くらい(?)
の熱いお灸を体験。太いろうそくくらいの棒の先に火がついていて
それを患部に近づけたり遠ざけたり。煙モクモク・・
初めての体験だった。
今日は靴下がはけるようになったから少しは良くなったんだろう。

今日は前々から行こうと思っていた日本人疎開地に行ってみることなった。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »