« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

November Steps

頼んでいた武満徹のCDが来た!

November Steps 尺八の音を初めて聞いた気がする。本当の意味で。

人の泣き声のような、心の底からの憎しみというか、ものすごく恐い情景が目に浮かぶ。この緊張感は西洋音楽にはないのではないか?時折聞こえる弦楽器の音は吹きすさぶ竹林を思わせる。作っていったのではなく、そこにあったものをすくい上げたようなと武満徹の世界で書かれていたけど本当にそうだ。尺八の低い音は、フルートよりも深く丸い音があるのだな~

2008年2月22日 (金)

武満徹

図書館で「武満徹の世界」という本を借りてきた。恥ずかしながら、武満氏の曲は、日本歌曲を数曲知っているだけで、オーケストラの曲やらを全く聴いたことがありません。これから広げていきたいと思ってますが。

毎晩、寝る前にぺらぺらめくってはあの特徴のあるお顔を拝見しながら、読んでいるのですが^^;実に興味深い内容です。お料理のレシピもスケッチ入りで細かく書いてあって、鳥の手羽先のから揚げはその通りで夕飯のおかずにしてみたらとっても美味しかった^^今日はホットケーキミックスで作るヨーグルト味の蒸しパンを作ってみようと思います。 武満氏の対談は一行一行がとっても分かりやすくって、ためになる。彼は自分の為に音楽を作っているのだとか、歌う心が一番大切とか、あんな大作曲家が本当にそうなの?と思えるんだけど。

ブラームスのメロディーのことをいろいろ書いていて、ブラームスの曲聞きたいなーと思っていたら、たまたま昨日は娘が気分が悪くて早退したにもかかわらず、bookoffへ行きたいとせがむので、一緒に行ったら、中古CDのところに「気分鎮静クラッシック」というタイトルでありました^^ブラームス「クラリネット五重奏曲」 

「05.mp3」をダウンロード

2008年2月17日 (日)

Piazzolla Oblivion

昨夜の四大陸フィギア女子は、ずっと釘付けで見てました。

真央ちゃんのショパンの幻想即興曲のオケバージョンも興味深かったけど、安藤美姫のカルメンはいわゆるカルメンの一番有名なあのリズムの場面を使っていない。カタリーナ・ビットのイメージが色濃く残ってるからそれと比べられるからかな?と個人的には思ってみてました。

村主章枝のOblivionがとっても素敵だった!思わずYoutubeでチェック!http://jp.youtube.com/watch?v=I26V_CeC2ak&feature=related

楽譜を手に入れよう!もしかしてあるかな?ピアソラの8拍子3+3+2これがゆったりと繰り出す恍惚とした雰囲気!大好きだ~

2008年2月16日 (土)

三寒四温

今作り中の曲のタイトル、パッと思いついて「三寒四温」

これは、もう少し暖かくなり始めてから使ったほうがいいのかもしれないけど。

まだまだ寒い地方もありますが、私は昨日の朝より、今朝のほうがちょっとだけ暖かくなったかな?と感じました。雪のイメージの曲が仕上がる前に、こっちの方が先に仕上がりそうな雰囲気。春を待ちわびる気持ちが出ればいいと思います。

曲ができてくるときいつも思います。季節が移り行き、人の気持ちが動いて、言葉があってこそ、音楽が生まれてくるのでは?と。

2008年2月14日 (木)

ドレミの右手で

今朝、洗い物をしながら思いついた。右手がドレミだけの8小節。

なにげに俳句か短歌を作っている気分♪ 

「080214_006.mp3」をダウンロード

2008年2月11日 (月)

何調?

できていく曲を楽譜にしてるんだけど、転調していくときに、ダブルフラットは分かるとしてダブルシャープは今まで使えたことがない。本当にないのか、使えてないのか分からない^^?関係ない調にとんでいいのか、再現部では元の調に戻らないで、でもあんまり高かったり低い調にするとおかしいので(感覚的にいやなので)元の調の近くにしたり・・・いつも手探りの状態。

今なぜか同じ調で2曲を同時進行で作っている。何か関連をもってということを念頭に。でも人の血の通った音楽を目指す。機械的なものではなくて、それが人の心を動かすと思うから。

自由に作っている曲のほかに、宿題は苦戦^^ あんまり単純すぎてもいけないし、だからって勝手に作ってもいけない~ 短い曲でも私の匂いのする曲にしたいと思うけど・・・

2008年2月 8日 (金)

IC レコーダー

前から欲しかったICレコーダーを購入。これは凄い!先ずは機能。今までのMDのようにカセットを入れなくてもいいこと。容量は1G。最大モノラルで290時間も録れる。しかも、PC内にあるmp3データを転送してipotのように聞くこともできる。しかもしかも、本体にUSBが付いており、直接PCにつないで音を聞くことや、取り込むことも!!はぁ~進化してるんだな~音質はステレオだけど低音がいまいちかな?今回録った曲は高音ばかりだから今日は低音も試してみるかな。

今分かったけど、PCに取り込むソフトがもうこの本体の中に仕込まれてる!たまげた~どうもソフトのCDが無いと思った。充電もUSBにつないだ時点から始まってる。ほ~凄い! 

2008年2月 6日 (水)

「青い鳥」上がりました!

今回は曲が先にできました。ずっと前に音だけ紹介したと思います。

それにYurikoがイメージした絵です。原画に近い感じにするのはやっぱりスキャンよりデジカメで撮ったデータを少し訂正することでしょうか?シャガールのような絵が欲しかったな^^

「青い鳥」裏話はいっぱいあるけれど。私のひとつの心の区切りとして。

一番下の四角からお入りください。

http://otonoenikki.com/

Esquireとサライ

ファッション雑誌にはほとんど興味ないけど、男性雑誌は最近興味深い雑誌が多い。BRUTUSは毎回違った特集が楽しみ。この雑誌で北欧の食器が好きになったし、サライは今回、藤田嗣治特集だったし、Esquireは電車の中刷りで見て、タイトルが~ピアノの歴史300年~絶対買おうと思っていて、ところが2軒回って売り切れ^^;ようやく二子玉川園駅構内の本屋さんでゲット!よかった~

下が16分音符上が3連譜・・・これで雪の曲がかけそうだ~ 元は下が8分だったが、16分の方が雪の感じが出る。私の曲はいつも季節はずれ・・・

2008年2月 3日 (日)

今朝起きたら、凄い勢いで雪が降っていた。あまりにこんこんと降っていたので、こんな日はあまり無いと思い、近くの公園に写真を撮りに行くことに。

広い公園内にいくつもいくつも雪だるまができていて笑えた。久しぶり家族で写真と、ビデオを録る。雪の降るのをじっと見ていると上から下へ向かって巻いて落ちていくような感じ。思わず動画を撮った。不規則なこの雪の感じが音にならないだろうか?

2008年2月 2日 (土)

愛されてる土筆(つくし)君

私が生まれる前から父の親友で今でも親戚以上に付き合ってるI夫妻の自宅へ押しかける。活気のある砂町銀座を物珍しく通り過ぎることしばし。右に曲がると、昔訪れた記憶がよみがえる。Iおじさん、おばさんの年賀状はいつも愛猫土筆(つくし)君。つくし君はI家に無くてはならない存在。

昔話に花が咲いて楽しかった~ 

マイルス・デイヴィスを教えてくれたのはIおじさんだった。

いつも家族以外に暖かく見守ってくれているご夫妻。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »