« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月30日 (水)

七小節目

一番迷うところが7小節目。何かもっとこう、気の利いた音は無いの?

答えを見ればきっと、なんだそうだったんだ~って言うくらい簡単なのかもしれないけど。そしてだいたい思いつく調が同じ。これってどうにかなんないわけ?まあ今日は初めてa-moll。オーこれはお初。でも、導音が使えないよ~ え~ん 

2008年1月28日 (月)

自由と不自由

当てずっぽうに曲を作っていたことをはっきり言われて、でも確かにそうだから。気を取り直してメロディーの浮かぶものを左手を付けたりして作っていくが、自分の気持ちに自然にと思うと、それが非和声音で関連の無いものだったりして、これもだめあれもだめとなると結局同じメロディーを繰り返すことになり、かえってつまらない印象が・・・逃げ道は無いものかと探す。でもこれでいいの?そんなすぐに習得できないよ~ でもいい物を作りたい。明日は歌の生徒がお休みなので、じっくり取り組もう!

2008年1月25日 (金)

安らかに

突然の一年前の知り合いが亡くなったことを知らされた。

元気な姿しか知らないので本当に信じられなかった。

心よりご冥福をお祈りいたします。

哀悼の意をこめて「Prayer」

「prayer.mp3」をダウンロード

2008年1月23日 (水)

表参道ヒルズ

急に予約が取れて、カワイ表参道で録音。2時間で4曲はタイトすぎ。やはり自宅録音が一番落ち着くな。調律師さんに予約を取って後日又アップしなおします。新曲タイトルは「青い鳥」

「01_1.mp3」をダウンロード

帰りにうわさの表参道ヒルズに寄ってみることに。

わぁ~凄くいい匂い~しかも何この生かした音楽!見ている視界全部がアートしてる。ここ凄い!

2008年1月21日 (月)

Tim Story

昔、学生時代よくBGMとしてかけていたTim Story。

ある方のブログで紹介されていてまた聞いてみようというきになり、注文してあったのが来て聞いてみる。

非常に映像的でEndlessな音楽。曲の最初から最後まで同じ和音が鳴っているような、重なり合ってはまた離れたり交じり合っては他の空間に行くような漂うような・・・ 今回国内版で手に入ったのは、「Shadowplay」と「the perfect flaw」

2008年1月19日 (土)

FMラジオ

昨日やっていたシベリウスの特集MDに録音して、一人の時間に聞きなおす。演奏もさることながら、解説者の解説に耳を傾けているだけでもためになる。シベリウスの音楽をどう表現するのか。あの世とこの世をさまようとか、現実と非現実、光と影そう感じられただろうか?何度も聴きなおさないとそう思えないかも・・・今年はシベリウス没後50年なんだって。初めて知った。

2008年1月17日 (木)

MD

今まであまりMDを真面目に使ってなかったけど、今日はFMラジオを録音とって、PCにつないで保存した。題名は直せるのかな?これを続けていったら膨大な量の音楽をPCに入れることができるな。でもうちのPC容量買うときに2G足して買ってるけどパンクしないかしらん?

弦楽四重奏曲、主題をおって聞いてるけど、はっきりいってあんまり分かりません^^;こんなのが書けるようになる日が来るんだろうか。。。

2008年1月16日 (水)

新年会

朝一人レッスンしたあと、上海のときの友達たち5人と新年会。

上海でしか会っていなかった友達が、ハチ公前に立ってる姿を見ただけで胸が痛くなる。渋谷の桜丘町は、若い頃英語を習いに来てたあたりで懐かしい。渋谷に来る人はあまりこっちのほうには来ないけど割と手ごろな値段でランチができ、コーヒーが飲める。ある意味この友達はほんとに大事で限られた日本人の中で世間狭くてやだなと思う面もあったけど、長く付き合って行きたい仲間。Iさん行きつけの和食屋の個室で盛り上がる。

この辺の店屋はみんなこじんまりしてて行きつけになりそうな雰囲気のあるところが多そうだ。

帰ってきたら、またまた上海の友達からちょっと遅れた年賀状が届いていた。ちゃんと毛筆で宛名が書いてあって、とても嬉しかった。

ふと思うといつもメロディーが頭の中を横切るので鼻歌を歌って忘れないようにしておいて、楽譜に書いてみる。頭の中では結構いいだろうと思って実際ピアノで弾いてみるとたいしたことなかったりする^^がーんでも今日はどうでもいい曲かもしれないけど2つ作った。

2008年1月15日 (火)

この頭の中がいっぱいじゃ^^

次から次へと出てくる野村先生の作曲に関するお話  もっと知りたい~とにかくいい曲を書きたいんだ~!!曲の中に潜む理路整然とした論理。こんなに楽しいと思わなかった。

この人に注目 中村天平もしかしてクラッシック界の人よりテクニック凄いかも。こういう人がプロって言うのよね、、、

http://jp.youtube.com/watch?v=wjznF2mU6Ok&mode=related&search=

2008年1月13日 (日)

私の贅沢な時間

一人でいられる最後の日、好きなことだけやっていようと思って、ピアノをさらってから、本屋さんへ。前から欲しかったターシャチューダの「喜びの泉」を買いに。ついでに橙と書いてあるお香を買う。匂いは柑橘系のいい匂い

娘の誕生日のプレゼントもターシャの「思うとおりに歩めばいいのよ」を買う。頁からこぼれる鮮やかな花々や緑の写真。見ているだけで心が和む。

駅でカフェラテを注文して、文庫本の続きを読む。

家に帰ってから、そのお香をたき、自分のCDをかけながら、ターシャの本を読む・・・極上のひと時~

2008年1月12日 (土)

青い鳥

今朝から頭が痛く、吐き気もあるので昼までダウン。あれ~風邪かな?

今進行中の曲は、又俗っぽい曲になりそうなんだけど、これは歌詞があったほうがよさそうな^^;でも苦手なんだよね。弾き語りは・・・

歌詞の内容を妹に言うと、それって「青い鳥」だよだって。

え?わたし「青い鳥」と「ヘンデルとグレーテル」が一緒になってる@@

「青い鳥」は幸せの象徴っていうか。チルチルとミチルが、青い鳥を探して、旅に出て、どんな世界に行ってもその場では青い鳥はつかまるんだけど、そこを出ると黒い鳥になってしまったり、逃げてしまったり。。。でもうちに帰ってきたら、鳥かごに青い羽がある。っていう・・・・幸せは実はすぐそばにあるんだって言う話。  いい話だな~ いまさら^^

2008年1月10日 (木)

歩く

今日は新しいアルバムの試作がとても素敵に出来上がったので、早速妹に送ろうと郵便局まで歩く。家を出たときから今日はいつもと気分が違っていた。公園で遊ぶ子供達を見てもその声を聞いても空を見上げても坂道を登っても、嬉しかった。この気分があるから曲ができてくるんだよね。

私の音楽の素材は私の中にも私の外にもいっぱいに溢れている。嬉しいときは嬉しいなりの、切ないときは切ないなりの自分の音楽を作れればいいな。

バス停10個分は歩いたかな?40分ほど。帰りはお花をいっぱい買ったので、バスで。水仙を玄関に飾ったらそこを通るたびにいい匂い・・・

2008年1月 9日 (水)

けやき並木からの夕日

あなたの住んでた家に20年ぶりに行ってみたわ

昔の記憶を頼りに・・・

坂道の途中の細長い二階建て

思わず声に出して言ってる「あった~」

誰か住んでるみたいね 透きガラス越しに台所が見えた

便りの無いのは元気の証というけれど

何を考えてるか分からないあなたがちょっと悲しい

帰り道 けやき並木の枝の間からオレンジと薄紫の夕日

歩道橋から久しぶりに綺麗な夕日を見た

心を開いてくれればと思った

CDラベル作り

買ってきて半年くらい封を開けてなかったラベル作りのソフトを開けてみる。

思っていたイメージをあーでもないこーでもないとやってそれらしきものができた。今はプロのような作品が自分の家でも作れてしまうんだな~ラベルのほかにも、カレンダーやアイロンプリントでTシャツも作れちゃうw。自分で満足するには十分。後は中に入れる曲作り  はぅ~

2008年1月 7日 (月)

本をプレゼント

今回実家に年越しのために帰省したとき、妹の部屋にあった本。

一冊は坂東真理子さんの「女の品格」もう一冊は村上春樹の「走ることについて語るときに僕の語ること」だった。どちらも父が妹に贈ったクリスマスプレゼントだったらしい。まだ読んでる途中だとのことなので、自分で買った。

おまけに横においてあった、「男の品格」も買って主人に読ませることに。

村上春樹は私も妹も大ファンでノルウェーの森は読んでるとき、電車のホームであまりに夢中になっていて何本も電車がいってしまったのを気が付かないほど。

2008年1月 4日 (金)

ニューイヤーオペラコンサート

何年ぶりかでニューイヤーオペラコンサートを見る。心に残った歌は自分の持ち味の大きな声をがなりたててる人より、コンパクトにまとめて低い音も高い音もコントロールして出している歌手。高い音も微妙なビブラートの賭け具合で美しく聞こえる発声法を身につけてるんだな~

帰省したときの雪の風景などPhotoの頁にアップしました

http://otonoenikki.com/

2008年1月 2日 (水)

Happy New Year!!

Cimg2174 名残惜しい家族とさよならして今日は早々自宅に戻る。

帰りの中央道韮崎辺りから、甲府、双葉の辺りまで、富士山が雄大で珍しくはっきりと見えた。双葉SAで休憩のとき、走っていって階段を上り記念の一枚!帰りの田園都市線二子玉川園のホームからも紫とオレンジの夕日の中に富士山の頭がくっきりと見えた!!こんな風に大きく頂上のほうが見えるってこと初めて知った。晴れていたらいつも気をつけて見てみよう。下りホーム進行方向を向いて右斜め前(西の方角?)です。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »